掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Hi-Fly/Karin Krog & Archie Shepp | トップページ | I Remember You../Karin Krog, Warne Marsh, Red Mitchell »

2018/07/17

With Malice Toward None/Karin Krog & Nils Lindberg

Karinwithmali
カーリン・クローグの過去盤聴きの7日目。もうすでに間にコメントが直っているアルバムもあって、ちょっと飛び飛びに聴いているのですが。それでも1枚ごとに趣向を凝らしているのが実験的でもありますね。今回は何とパイプ・オルガンとのデュオですし。ECMなどでは、すでにパイプ・オルガンでのインプロヴィゼーションをキース・ジャレットが録音を残してますけど、ジャズ・ヴォーカルとの組み合わせは、この’80年当時でも珍しかったかと思います。元々の文章には(20年以上前の文章ですけど)、ちょっと退屈、とか書いてありましたが、今聴き直すと、これはこれでけっこうイケるんじゃないかと思います。地味ですけどね。


With Malice Toward None/Karin Krog(Vo) & Nils Lindberg(Org)(Century) - Recorded February 12-13, 1980. - 1. Sometimes I Feel A Motherless Child 2. John Coltrane's A Love Supreme 3. Going Home 4. Just A Closer Walk With Thee 5. As you Are 6. With Malice Toward None 7. God Bless The Child 8. I Ensomme Stunde 9. Song From Djura 10. Come Sunday 11. Gud Som Haver Barden Kar

オルガンとのデュオ、といってもハモンドオルガンではなくて、パイプオルガンです。かなりの異色作。2曲目でなんと「至上の愛」まで歌っています。この2曲目はかなりアレンジが施されていて、一聴して、原曲が分かりにくいですけど。実に壮大で前例のあまりないデュオですが、全曲通して聴くと36分ほど。トラディショナルも2曲(1、4曲目)あり、賛美歌のイメージという感じも。ニルス・リンドバーグの作曲は5、9曲目。 それでも、しっかりとヴォーカルはジャズ的な歌い方プラスアルファという感じで、こういうデュオでもやってのけてしまう姿勢には脱帽。ただ、セールス的にはどうなのか。北欧らしく、メランコリックなサウンドになっているところもあって、そういうところはもしかしてかの地で受けるのかも。落ち着く感じはします。

« Hi-Fly/Karin Krog & Archie Shepp | トップページ | I Remember You../Karin Krog, Warne Marsh, Red Mitchell »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/66950312

この記事へのトラックバック一覧です: With Malice Toward None/Karin Krog & Nils Lindberg:

« Hi-Fly/Karin Krog & Archie Shepp | トップページ | I Remember You../Karin Krog, Warne Marsh, Red Mitchell »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト