掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« May Dance/Terumasa Hino | トップページ | Mizu/Satoko Fujii - Joe Fonda »

2018/07/25

Hip Seagull/Terumasa Hino

Hinohipsea
ジョン・スコフィールドのサイド参加作聴き2日目。このあたり日野晧正のバンドに参加していた頃で、2枚連続の日野のアルバムということになってしまいました。前作はジャズですが、このアルバムはファンクで、やはり時期的にある程度のマイルス・デイヴィスの影響もあるのかなあ、というサウンドです。もちろん日野流にはなっているけれども。もうこの演奏も’77年の録音なんですね。やはりファンク系統だと音を聴いていて、なるほどこのあたりの年代か、と分かってしまうのも、時代性を感じさせますけど。今となってみれば、ちょっと地味かなという感じもしますが、随所にカッコいい演奏が詰ってます。


Hip Seagull/Terumasa Hino(Tp)(JVC) - Recorded August 10-11, 1977. Kohsuke Mine (Ts, Ss), John Scofield(G), Mikio Masuda(P), Clint Houston(B), Motohiko Hino(Ds on 1), George Ohtuka(Ds on 2-4), M'tume(Per), Kimiko Kasai(Vo on 3), Tawatha(Vo on 2) - 1. Hip Seagull 2. This Planet Is Ours 3. Fall 4. Life Trip

1曲目のみ日野晧正作曲で、他はジャズメン・オリジナル。特に3曲目はウェイン・ショーター作曲。1曲目を聴いていて、何となく当時のマイルス・バンドのサウンドを連想してしまいました。コード一発の8ビート、そして途中にアップテンポの4ビートが入るスリリングな展開。メロディアスなフュージョンや静かな曲もあり、4曲とも傾向は違いますが、何を演奏しても日野らしさが出ています。ややメロウで浮遊感のあるファンクの2曲目は、コーラスも入って、なかなか幻想的な感じ。ショーターの3曲目は、独自のアレンジながら、コーラスも入って幻想的な感じが良く出ています。ジョン・スコフィールドはこの曲で個性的な長いソロをとっています。そして、クリント・ヒューストン作のアップテンポのラテン・ビートで勢いよく進んでいく4曲目。

« May Dance/Terumasa Hino | トップページ | Mizu/Satoko Fujii - Joe Fonda »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/66984385

この記事へのトラックバック一覧です: Hip Seagull/Terumasa Hino:

« May Dance/Terumasa Hino | トップページ | Mizu/Satoko Fujii - Joe Fonda »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト