掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Mizu/Satoko Fujii - Joe Fonda | トップページ | Tributaries/Larry Coryell »

2018/07/28

Dancing On The Tables/Niels-Henning Orsted Pedersen Quartet

Nielsdancing
ジョン・スコフィールドのサイド参加作の3日目。今日はニールス・ペデルセンがSteeple Chaseから出したアルバムでの参加作です。ジャズに一応分類してはあるものの、曲的には当時のフュージョンに近いものもあります。それにしても音数が多いベーシストですね。テーマを弾いてしまうし、空間を埋め尽くすようなフレーズも多いし、今まで聴いてきた中では、かなりベースの音数が多いアルバムになっています。その超絶技巧でも、聴きやすさが前面にあるので、あまり嫌味な感じはしないですし。それにしてもこのレーベルからもこういうアルバムが出てたんですねえ、と聴いたことあるのに、記憶から抜け落ちていました。


Dancing On The Tables/Niels-Henning Orsted Pedersen(B) Quartet(Steeple Chase) - Recorded July 3-4 & August 30, 1979. Dave Liebman(Ts, Ss Afl), John Scofield(G), Billy Hart(Ds) - 1. Dancing On The Tables 2. Future Child 3. Jeg Gik Mig Ud En Sommerdag 4. Evening Song 5. Clouds

3曲目のみトラディショナルで、他は全曲ニールス・ペデルセンの作曲。この時期はけっこう面白いメンバーでの演奏がみられます。しかし饒舌なベース。リーダーがペデルセンということもあって、フレーズはややハードだけど聴きやすく仕上がっています。1曲目のタイトル曲は何と14分台のラテン・ビートから4ビートになる曲ですが、のっけからパワー全開のスピーディーなベース・ソロがあって、ノリも良く、それぞれのソロもマニアックでなかなか面白い。アコースティック・ベースのソロで勝負する小品の2曲目、トラディショナルも出だしのテーマはベースが弾いている、叙情的な3曲目、やはりベースがメロディ楽器としても活躍するフュージョン的な8ビートの4曲目、メロディアスでドラマのあるフュージョン的な10分台の5曲目。

« Mizu/Satoko Fujii - Joe Fonda | トップページ | Tributaries/Larry Coryell »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/66996454

この記事へのトラックバック一覧です: Dancing On The Tables/Niels-Henning Orsted Pedersen Quartet:

« Mizu/Satoko Fujii - Joe Fonda | トップページ | Tributaries/Larry Coryell »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト