掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« White/Marc Sinan/Oguz Buyukberber | トップページ | The Shape Of Jazz To Come/Ornette Coleman »

2018/05/27

Triad/Fujii - Fonda - Mimmo

Fujiitriad
月刊藤井郷子5月号が届いたので、聴いています。しかし、弾くたびに内容が違うので、よく年間12枚出せるよなあ、というのが、疑問から感嘆へと聴いていて自分の中で変わりつつあります。このクラスのフリーの演奏家だと、なるほど全部を記録しておいてもいいくらいじゃないかなあと。でも実際には物理的には大変なんですよね。CDという媒体も日本ではまだしも、世界的に見ると配信などにとって代わってきているので、今年12枚作って維持していくのは大変だと思うし。それでも私はCDを手元に置いておきたいタイプなので、自分が元気なうちは、追っかけたいと思います。フリーが好きな方には、なかなかいいと思います。


Triad/Fujii - Fonda - Mimmo(Long Song Lecords) - Recorded October 9, 2017. Satoko FUjii(P), Joe Fonda(B, Fl), Gianni Mimmo(Ss) - 1. Available Gravity 2. Birthday Girl 3. Accidental Partner 4. No More Bugs 5. Joe Melts The Water Boiler

全曲3人のフリー・インプロヴィゼーション。1曲目の出だしはフルートとソプラノサックスで、厳かな雰囲気から、何かを叩く音と共にゆっくりと盛り上がって行きます。まるで作曲された現代音楽のようにピアノも少しずつ絡み、ベースも出てくる。自由度も高く、反面統率が取れているフリー。このスリリングな感じはやはりこの3人のもの。2曲目以降も緊張感のあるやり取りが続きますが、ピアノが時に前面に出るものの、3者対等なインプロヴィゼーションが続きます。盛り上がる場面もあり、幽玄な雰囲気の場面もあって、素晴らしい録音空間を切り取ったような感じです。安易なメロディを選ばず緊張感を保ち続けているフリーは、やはりこのメンバーだからこそのものだと思います。ドラマチックな56分の演奏を聴かせてくれます。(18年5月19日発売)

« White/Marc Sinan/Oguz Buyukberber | トップページ | The Shape Of Jazz To Come/Ornette Coleman »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/66764441

この記事へのトラックバック一覧です: Triad/Fujii - Fonda - Mimmo:

« White/Marc Sinan/Oguz Buyukberber | トップページ | The Shape Of Jazz To Come/Ornette Coleman »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト