掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Life Time/Anthony Williams | トップページ | Samadhi(三昧)/Masahiko Sato »

2018/04/12

Spring/Anthony Williams

Tonyspring
ゲイリー・ピーコックの過去盤聴き4日目。2日連続のトニー・ウィリアムスのリーダー作ですけど、今日のアルバムの方がたぶんLP時代ではA面がより過激なフリーのサイド、B面が割とオーソドックスなジャズのサイドと分かれていたんじゃないかと思います。それでもCDで通して聴いてしまうとちょっと戸惑ってしまいますよね。20年前の短いコメントには書いてなかったので、今回聴いて、それがはっきりしたのかと。まあ、トニーに関しては、’80年代に新生Blue Noteに帰ってくるまでは、ロック寄りになってみたり、いろいろ変遷があるので、そこを追いかけるのもまた面白いんですけど、だいぶ先のことになりそうです。


Spring/Anthony Williams(Ds)(Blue Note) - Recorded August 12, 1965. Wayne Shorter(Ts), Sam Rivers(Ts), Herbie Hancock(P), Gary Peacock(G) - 1. Extras 2. Echo 3. From Before 4. Love Song 5. Tee

全曲トニー・ウィリアムスの作曲。マイルス・バンドではフリー・ブローイング・セッションとなりながら、ぎりぎりフリージャズまでは行かなかったけれど、自らのリーダー作では、その一線を飛び越えてます。一部前作よりも過激。メンバーもスゴい。それでも1曲目はピアノ・レスでアップテンポの4ビート的な部分もあって、完全にあっち側の世界に近いけどちょっと違う感じ。ドラム・ソロだけで聴かせてしまう、まあ、リーダー作なので5分あってもいいと思う2曲目、当初ピアノが前面に出て来るものの、ある程度の抑制がありつつ、ホーンも加わって進むフリーの3曲目、前作にもなかった哀愁のあるメロディで分かりやすい4ビートがいきなり出てくる4曲目、フリーに最初見せかけてアップテンポの4ビートで割とオーソドックスな5曲目。

« Life Time/Anthony Williams | トップページ | Samadhi(三昧)/Masahiko Sato »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/66595638

この記事へのトラックバック一覧です: Spring/Anthony Williams:

« Life Time/Anthony Williams | トップページ | Samadhi(三昧)/Masahiko Sato »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト