掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« You And The Night And The Music/Helen Merrill | トップページ | Absence/Kristjan Randalu »

2018/04/26

Opus/Al Di Meola

Aldiopus
久しぶりに新譜が複数枚届いたので、聴きました(と言っても、このCD、2月発売だったんですよね)。アル・ディメオラの新譜は多重録音が多めですけど、いつ聴いてもやっぱり彼のメロディであり、音だなあというサウンド。これにハマっちゃう人と、醒めてしまう人といるんじゃないかと思いますけど、私は前者。でも、一人多重録音の部分が多いのは、最近だとカート・ローゼンウィンケルやアントニオ・サンチェスもそうです。自分はできる事ならそれぞれの道の人にまかせた方がいいんではないか派なのですけど、これらをイイ!と言う方も多く、やっぱり自分の感性がズレてきたのかなあ、と思わせる部分でもあります。このアルバムは音もいいので、それもハマる要因のひとつかも。


Opus/Al Di Meola(G, B, Ds. Per)(Ear Music)(輸入盤) - Released 2018. Richie Morares(Ds on 4, 7, 11), Rhani Krija(Per on 8, 10), Kemuel Roig(P, Key), Dario Eskenazi(Orchestration), Ai Di Meola(Add Orchestration) - 1. Milanga Noctiva ("Wandering In The Dark") 2. Broken Heart 3. Ava's Dream Sequence Lullaby 4. Cerreto Sannita ("My Grandfather's Village Near Napoli") 5. Notorious 6. Frozen In Time 7. Escapado 8. Pomp 9. Left Unsaid 10. Insieme 11. Rebels

(18/14/25)プロデュース、アレンジ、作曲はアル・ディメオラ。いつものディメオラ節が、哀愁漂う曲も明るめの曲も全開で、エレキギターやキーボードなども出てくることはあっても、基本的にナイロン弦のアコースティック・ギターが前面に出ています。もはやこれもジャズというよりは、ディメオラの世界でのスパニッシュ・ミュージックという感じで、アレンジも入り組んでいるし、曲として聴きたい演奏がてんこ盛りになっています。派手でない程度にオーケストレーションも入っているのが、また主旋律のソロが活かされていて、なかなか。渋い世界だし、どこをどう切っても金太郎飴のような彼のサウンドはハマると深いかもしれない。自分自身による多重録音の関与度合いが強く、テクニック的に人にそこを任せてしまっていいのかも。

« You And The Night And The Music/Helen Merrill | トップページ | Absence/Kristjan Randalu »

ジャズ」カテゴリの記事

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/66649768

この記事へのトラックバック一覧です: Opus/Al Di Meola:

« You And The Night And The Music/Helen Merrill | トップページ | Absence/Kristjan Randalu »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

メールアドレス

友人が運営しているサイト