掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« The Individualism Of Gil Evans | トップページ | Spring/Anthony Williams »

2018/04/11

Life Time/Anthony Williams

Tonylife
ゲイリー・ピーコックの過去盤聴き3日目。すでに聴いてコメントを手直ししてあるものも多いのだけど、もう少し’60年代が続きます。今日はトニー・ウィリアムスのアルバム。マイルス・バンドでは、かなり自由に演奏していてもフリーの域までは踏み込まなかったのですが、ソロ・アルバムでは飛び越えてしまってますね。まあ、4ビートの部分もあったり、静かな場面が多いので、ブチ切れているというわけでもないんですけど、当時のBlue Noteでのフリーの位置付けってどんなもんだったんでしょう。その後もレーベルでは一定数あるものの、聴いて戸惑った方も多いのでは。今の耳で聴くと、まあ、おとなしめのアルバムだとは思うのですけど。

そう言えば、ホームページの「ハービー・ハンコック」「トニー・ウィリアムス」あたりはまだあまりコメントの手直しが入ってないページです。


Life Time/Anthony Williams(Ds)(Blue Note) - Recorded August 21 and 24, 1964. Sam Rivers(Ts on 1-3), Gary Peacock(B on 1-3), Richard Davis(B on 1-2), Bobby Hutcherson(Vib, Marimba on 4), Herbie Hancock(P on 4-5), Ron Carter(B on 5) - 1. Two Pieces Of One: Red 2. Two Pieces Of One: Green 3. Tomorrow Afternoon 4. Memory 5. Barb's Song To The Wizard

全曲トニー・ウィリアムス作曲。フリー寄りの演奏。みんながフリーに走った時期で、興味深い時代の作品。ゲイリー・ピーコックは1-3曲目に参加で、1、2曲目は、リチャード・デイヴィスとの2人ベース。2人でベースでアルコ奏法をしている部分が印象的。ベース・ソロもありますし、弾かない部分も多いです。1曲目はフリーぽくっても、スペースのある4ビート的な部分も少しあります。サックスとドラムスではじまり、長い静かな展開の2曲目、アップテンポの4ビートで攻めるもピアノレスで自由度の高い3曲目。メンバーは入れ替わるも静かで抽象的なフリー的展開は同じ4曲目。ハービー・ハンコックは4-5曲目に参加。5曲目はトニーは演奏に不参加。抑えられた少しメロディアスな的な表現で、静かながらもセンスが光ります。

« The Individualism Of Gil Evans | トップページ | Spring/Anthony Williams »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/66595058

この記事へのトラックバック一覧です: Life Time/Anthony Williams:

« The Individualism Of Gil Evans | トップページ | Spring/Anthony Williams »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト