掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Live In Montreux/Chick Corea/Joe Henderson/Roy Haynes/Gary Peacock | トップページ | ブライト・フォース/キラキラ »

2018/04/15

Just Friends/Martial Solal

Martialjust
ゲイリー・ピーコックの過去盤聴きの7日目。今までは時系列的に聴いてきたけど、これからは3枚ずつのグループ2つに分けられるため、半端な1枚を先に聴きます。時は’97年まで一気に下りますが。マーシャル・ソラールのピアノをこの時期追いかけていたこともありましたけど、いつの間にか、追いかけることをやめてしまったようですね。年齢の割には現代的なフレーズを弾くピアニストでした。この頃のフランスのジャズも好きでしたし。ゲイリー・ピーコックとポール・モチアンの参加で買ったアルバムでもありました。さて、ここで手直し枚数残り600枚ちょうど(数え間違いもあるので、自信はありませんが)。だいぶ進んできました。


Just Friends/Martial Solal(P)(Dseyfus) - Recorded July 9, 1997. Gary Peacock(B), Paul Motian(Ds) - 1. Just Friends 2. Coming Yesterday 3. Willow Weep For Me 4. You Stepped Out Of A Dream 5. Hommage A Frederic Chopin 6. Sapristi 7. Summertime 8. Sacrebleu 9. I'm Getting Sentimental Over You 10. Fausse Note 11. I Can't Get Started 12. Moins De 36

マーシャル・ソラール作は2、5-6、8、10、12曲目。CDでは10曲目以降ボーナストラックになってます。面白いメンバーのトリオ。どことなく引っかかるような新鮮なフレーズといい、ジャンゴ・ラインハルト・グループの最後のピアニストという帯に惑わされずに。ヨーロッパの香りがプンプンするモダンなタッチのピアノです。 1曲目のタイトル曲ですら、メロディを活かしつつも、けっこうアヴァンギャルド的な意表をつく音使いで、けっこう現代ジャズ的にハマっています。ベースは案外オーソドックスな4ビートアプローチですけど、そんなわけでけっこう現代的に聴こえます。2曲目のオリジナルも当時の「今」を感じる音使い。他の彼の曲もそんな感じ。フランスジャズらしさのあるピアノ。6曲目はフリーではないけど、自由なアプローチ。

« Live In Montreux/Chick Corea/Joe Henderson/Roy Haynes/Gary Peacock | トップページ | ブライト・フォース/キラキラ »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/66610563

この記事へのトラックバック一覧です: Just Friends/Martial Solal:

« Live In Montreux/Chick Corea/Joe Henderson/Roy Haynes/Gary Peacock | トップページ | ブライト・フォース/キラキラ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

メールアドレス

友人が運営しているサイト