掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Absence/Kristjan Randalu | トップページ | Ravel/Franck/Ligeti/Messiaen/Duo Gazzana »

2018/04/28

Alexander Knaifel/Lukomoriye

2436
このままECM New Seriesを3枚、月末までいけるかどうか。今日のアルバム、録音してから6年も経っての発売です。マンフレート・アイヒャーの名前がないので、持ち込み音源だろうと思いますが、聴いた感じ、ECMの作品にしても静かすぎるくらい静かな場面が多いので(現にいつもの倍の音量で聴いても静か)、それが発売が延びた原因なのかなあ、とまあ、これは個人的な感想なんですが。ECMのポリシーであっても、ここまで静かだとなあ、と、売り上げの方を少々心配してます。まあ、世界にはレーベル買いしている人も少なくはないだろうから、そこまで心配しなくても、とは思うのですけど。


Alexander Knaifel/Lukomoriye(ECM New Series 2436)(輸入盤) - Recorded February 2012. Oleg Malov(P), Tatiana Melentieva(Soprano), Piotr Migunov(Bass), Lege Artis Choir, Boris Abalian(Cond) - 1. O Comforter 2. A Mad Tea-Party 3. Bliss 4. This Child 5. Confession 6. O Lord Of All My Life 7. O Heavenry King 8. Lukomoriye

(18/04/27)アレクサンドル・クナイフェルは20-21世紀ロシアの作曲家。ここでは’90-00年代の短い作品を集めていますが、宗教に関するもの、あまり関係ないものといろいろなようです。静かな音が多いですけど、そういうところもECM向けなのかも。オーケストラと合唱団が関わるのは1、7曲目で、他はピアノのみのソロか、ピアノとソプラノまたはバスとのデュオの曲。全体的に静かですが、3曲目の軽快なオペラの曲もあります。

« Absence/Kristjan Randalu | トップページ | Ravel/Franck/Ligeti/Messiaen/Duo Gazzana »

ECM2401-2450番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

クラシック・現代音楽」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/66655732

この記事へのトラックバック一覧です: Alexander Knaifel/Lukomoriye:

« Absence/Kristjan Randalu | トップページ | Ravel/Franck/Ligeti/Messiaen/Duo Gazzana »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

メールアドレス

友人が運営しているサイト