掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« 「ジャズCDの個人ページECM Blog」を再度本格復活 | トップページ | 「ジャズCDの個人ページCriss Cross Blog」も作成中 »

2018/03/20

ナインティナイン・イヤーズ/藤井郷子オーケストラベルリン

Fujiininety
藤井郷子さんの今年は毎月CDを出す特集の3月目。今回はオーケストラベルリンでの演奏です。ニューヨークをはじめ、日本でも東京、名古屋、神戸など、各地でメンバーを集めて、フリーの藤井サウンドで聴かせてしまうのはなかなか他ではないことです。東京は新宿ピット・インに観に行ったことがありますが、ライヴではけっこう迫力でした。本当はライヴにせっせと通うのがいいと思いますけど、なかなかそうもいかないため、CD中心で追いかけてます。場所によってサウンドが違ってくるのも面白い。フリーでアヴァンギャルド度が高いので、やはりそちら方面が好きな方には、たまらないんじゃないかと思います。

ナインティナイン・イヤーズ/藤井郷子(Cond)オーケストラベルリン(Libra Records)
Ninety-Nine Years/Satoko Fujii(Cond) Orchestra Berlin(Libra Records) - Recorded April 2, 2017. Matthias Schubert(Ts), Gebhard Ullmann(Ts), Paulina Owczarek(Bs), Richard Koch(Tp), Lina Allemano(Tp), Natsuki Tamura(Tp), Matthias Muller(Tb), Jan Roder(B), Michael Griener(Ds), Peter Orins(Ds) - 1. Unexpected Incident 2. Ninety-Nine Years 3. On The Way 4. Oops! 5. Follows The Idea

全曲藤井郷子作曲。やや少人数の10人での演奏。99歳で亡くなった義母をテーマにしたそう。非イディオム系のノイズと思われる音から徐々にドラムスも加わって盛り上がり、いきなりテーマが現れてメロディアスでアヴァンギャルドな演奏になっていき、その間にもフリー的な合奏も続く、緩急自在の1曲目、長めのベースソロからはじまり、少し色調が暗めでやや穏やかに人生を感じさせるようなサウンドで流れていき、中途で盛り上がる12分台の2曲目、長いドラム・ソロから、構築された部分と、前衛で発展して勝負していくサウンドの3曲目、懐かしい響きもあるメカニカルでアヴァンギャルドなサウンドから広がりを見せていく4曲目、全開ではじまり、ベースソロを経て緩急自在、そして盛り上がりと、結末にふさわしい5曲目。(18年3月17日発売)

« 「ジャズCDの個人ページECM Blog」を再度本格復活 | トップページ | 「ジャズCDの個人ページCriss Cross Blog」も作成中 »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/66517778

この記事へのトラックバック一覧です: ナインティナイン・イヤーズ/藤井郷子オーケストラベルリン:

« 「ジャズCDの個人ページECM Blog」を再度本格復活 | トップページ | 「ジャズCDの個人ページCriss Cross Blog」も作成中 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト