掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Reframe/Laidback | トップページ | Big Band Live/Maria Schneider & SWR Big Band »

2018/03/31

ECMレーベルを代表作で語るのではなく、集合体として見せたい

ECMレーベルについて、例えば数枚から数十枚ぐらいを取り上げて、それで評論している素晴らしい文章はけっこうあります。自分も読んで、ふむふむなるほど、と思うことも多いです。ただ、丸ごと取り上げている例は、ここ10年ほどでは「ECM Catalog」(発行:東京キララ社、発売:河出書房新社)(’10年刊)ぐらいしか見当たらないんですよね。しかもこれも絶版で、あれからだいぶ経っているので、ここ数年、年間50枚近く出すECMを追いかけきれない。増補改訂版の出版計画もあるようですけど、まだ噂の域を出ていない。

そんなわけで、結果的には拙いながらも自分のホームページやここのブログが、そういう集合体で見せる独自のものになってしまっています。未CD化のものは聴いてないので、情報としては欠けていたりはしていますけど。そして時々、これは内容を説明してないだろう、と明らかに思えるものは読み直して書き換えもしています。

基本的にはここのメインブログに自分の持てるものは全部掲載してありますが、メインブログからECMだけを取り出して、最近「ジャズCDの個人ページECM Blog」というのを作っていて、1001番からはじめて、今1500番台あたり。毎日1個ずつ出てきますが、今後の発売のことも考えると、追いつくまでにあと2年半はかかるかなあ、というところです。ECMだけ並べてみるとどうかなあ、と思いまして。私自らはECMとは、という語りかけはしませんが(できないと言った方がいいのかも)、およそ1,300枚を超えるCDをまとめて掲載して、そこから浮かび上がってくるものが、それぞれの方に感ずるものはあるかと思います。最近はECMもストリーミング配信をするようになり、以前よりいろいろな音源に接することができる機会も増えましたですし。

これだけ枚数があると、自分自身いいECMの聴き手とは言えず、ECMばかりを聴いているわけではないのですけど、ホームページをはじめてから20年以上、何千枚とブログ(ホームページ)にアップしてきた経験で、多少のものは得られるんじゃないかなあ、と思います。同じようなことをやる人がWeb上に出てきてもおかしくないんですけど、ディスコグラフィだけならまだしも、文章を多少なりとも書くと、まともに取り組んだら5-6年はかかってしまうので。待ってます。

« Reframe/Laidback | トップページ | Big Band Live/Maria Schneider & SWR Big Band »

ECM未分類(雑記含む)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/66557378

この記事へのトラックバック一覧です: ECMレーベルを代表作で語るのではなく、集合体として見せたい:

« Reframe/Laidback | トップページ | Big Band Live/Maria Schneider & SWR Big Band »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト