掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Romaria/Andy Sheppard Quartet | トップページ | Atody Man/KAZE »

2018/02/24

Travelers/Nicolas Masson

2578
ECMレーベル新譜聴き4日目で1段落。また3月上旬には2枚出て来るんですけれどもね。今日はニコラス・マッソンのリーダー作。とは言うものの、このメンバーでは10年ぐらい活動をしているらしく、息はぴったりと合っています。このほの暗いようなサウンドが曲ごとに色調を変えて、移ろいゆくのはなかなか見事。でもこれをECM以外のレーベルから出したとしたら、と考えると、そこには「ECM」というレーベルの持つ意味の重大さがあると思います。やはりこういうアルバムは、ここから出すからこそ皆が買い求めるし、それだけの価値があるのでは、という感じもしています。そういうものなのかなあ、と考えてしまいました。


Travelers/Nicolas Masson(Ts, Ss, Cl)(ECM 2578)(輸入盤) - Recorded April 2017. Colin Vallon(P), Patrice Moret(B), Lionel Friedli(Ds) - 1. Gagarine 2. Fuchsia 3. Almost Forty 4. The Deep 5. Travelers 6. Philae 7. Wood 8. Blurred 9. Jura

(18/02/23)全曲Nicolas Masson作曲。ECMではこのメンバーの録音は初めてですが、長く活動してきたメンバーとのこと。やや薄暗いようなサウンドの中を、サックス(クラリネット)が、少し緊張感を伴いつつ、ゆったりと切り裂いていく、という感じの1曲目。やはり静かな中から音が出ては消えていく場面からはじまる2曲目は少し盛り上がりがあり、ピアノのパッセージはやや速く、安定感はあります。曲ごとに色合いを変えつつ、それでも全体の統一感というか、そういうものが存在して、そこに沿って演奏していくのは、長くやってきた成果なのではと思います。そんな中で4曲目は静けさの中に、フリー的な熱さも秘めている、ドラムスも前面に出る音。6曲目は中途で活発な演奏になる場面が。やや不安感をあおるような色合い。

« Romaria/Andy Sheppard Quartet | トップページ | Atody Man/KAZE »

ECM2551-2600番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/66426873

この記事へのトラックバック一覧です: Travelers/Nicolas Masson:

« Romaria/Andy Sheppard Quartet | トップページ | Atody Man/KAZE »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

メールアドレス

友人が運営しているサイト