掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Voodoo Sence/Joachim Kuhn Trio Inviting Archie Shepp | トップページ | Beauty & Truth/Joachim Kuhn New Trio »

2018/02/11

Points Of View/Tom Kennedy

Tompoints
以前はダウンロード販売しか見当たらなくて、そのうちCDはCD BABY直販だけ見つかっていて、海外から直接買い付けが苦手な私はそこでストップしていたところ、最近になって大手通販で取り扱うようになり、注文出来ました。たぶん海外買い付けよりは高いだろうけど、自分のような者にとっては助かります。ダウンロードは便利でいいのですが、ここはCDのブログなので、CDをやっぱりアップしていかないと、と時代にずれつつあるような行動をとってます。自分も歳だし、それでいいんじゃないかと。このアルバム、参加メンバーがかなりすごいことになっています。全体的にそれでもリラックスして演奏している感じはあるかな。


Points Of View/Tom Kennedy(B, Key)(自主制作) - Released 2017. Dave Weckl on 1-2), Bill Evans(Ss, Ts on 1-2), Charles Blenzig(P on 1-7), Karla Harris(Vo on 3), Wes Ritenour(Ds on 3, 7), Chuck Roeb(G on 3), Bob Franceschini(Ss, Ts on 3-6), Lee Retenour(G on 4), Obed Calvaire(Ds on 5-6), Nick Marcione(Tp on 5), Randy Brecker(Tp on 7)., Mike Stern(G on 8), Richie Morales(Ds on 8), Bob Malack(Ts on 8) - 1. I'll Remember You 2. The Dark 3. New July 4. Just Listen 5. Roints Of View 6. Koolz 7. I'll See You 8. Gaslight Square Blues

(18/02/11)5-8曲目がトム・ケネディ作曲で、1-4曲目は参加メンバーの曲、スタンダード他。なかなかスゴいメンバーややリラックスしつつも、ベースをはじめ、それぞれのソロもあちこちで堪能できます。エレクトリックベースが5曲、4-5、7曲目はアコースティック。ジャンル的にはややフュージョン寄りですが、あまり甘くもなく、特にリーダーのベースがそれとなくだけど、目立っている感じ。こういう洗練された渋さは、なかなか味わえないかも。特に3曲目(ギターはチャック・ローブ)の都会的な渋い曲調は、聴いていて大人の曲だなあ、と思わせます。自主制作で好きなように演奏することが、ベーシストのリーダー作としてはうまく作用している感じ。5曲目はややアップテンポの4ビート。こういうジャズ的要素も少しあります。

« Voodoo Sence/Joachim Kuhn Trio Inviting Archie Shepp | トップページ | Beauty & Truth/Joachim Kuhn New Trio »

ジャズ」カテゴリの記事

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/66380820

この記事へのトラックバック一覧です: Points Of View/Tom Kennedy:

« Voodoo Sence/Joachim Kuhn Trio Inviting Archie Shepp | トップページ | Beauty & Truth/Joachim Kuhn New Trio »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト