掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Points Of View/Tom Kennedy | トップページ | Love & Peace/Joachim Kuhn New Trio »

2018/02/12

Beauty & Truth/Joachim Kuhn New Trio

Joachimbeauty
ヨアヒム・キューンのリーダー作の、だんだん新しいアルバムの方へ向かってますが、次に同じニュー・トリオで新作が待ってます。ただ、ニュー・トリオはキューンのワンマン・バンド的性格を持っていて、以前のジャン=フランソワ・ジェニー=クラークとダニエル・ユメールとのトリオでの三位一体感と比較してしまうと、っていうのはあると思います。それでも、楽曲としてはけっこう面白いしまとまっているので、これはこれでいいのかと。自分の年齢的な頑固さが出てきてしまっていて、新たに聴く分にはけっこういい印象が得られるのではないかな? 48分で12曲というのは少々まとまり過ぎのような気もしないでもないですが。


Beauty & Truth/Joachim Kuhn(P) New Trio(ACT)(輸入盤) - Recorded July 7 and 8, 2015. Chris Jennings(B), Eric Schaefer(Ds) - 1. Beauty And Truth 2. The End 3. Because Of Mouloud 4. Sleep On It 5. Intim 6. Transmitting 7. Summertime 8. Riders On This Storm 9. Machineria 10. Sleep Safe And Warm 11. Kattorna 12. Blues For Pablo

(18/02/11)ニュー・トリオをうたった第1作。ヨアヒム・キューン作は4曲(2、5-6、9曲目)で、クリストフ・コメダ作(10-11曲目)、ザ・ドアーズ作が(2、8曲目)、オーネット・コールマン作のタイトル曲は1曲目、その他スタンダードなど。ジャン=フランソワ・ジェニー=クラークとダニエル・ユメールとのトリオは三位一体で対等な関係だったけど、ここではリーダーとして、ドラムスとベースを従えている関係のように感じます。その点少々物足りない気はしてますが、選曲もいいし、キューンのリーダー作としてとらえると、けっこうピアノが目立っていい感じもしています。12曲で48分という収録時間は、やることを凝縮した結果だとも思いますし。だから新しいトリオとして別物としてとらえれば、納得がいくアルバムかなと思います。

« Points Of View/Tom Kennedy | トップページ | Love & Peace/Joachim Kuhn New Trio »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/66382198

この記事へのトラックバック一覧です: Beauty & Truth/Joachim Kuhn New Trio:

« Points Of View/Tom Kennedy | トップページ | Love & Peace/Joachim Kuhn New Trio »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト