掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Le Long De La Plage/Michel Butor/Marc Copland | トップページ | エトレーヌ/情家みえ »

2018/01/13

Live '77/John Scofield

Johnlive77
2か月ぶりぐらいに、過去盤聴きを再開します。今度はジョン・スコフィールドのリーダー作を少し飛び飛びに’93年録音のあたりまで12枚。今まで仕事の繁忙期とかライヴとか、長男が自作オーディオが趣味なので音楽を聴く時間がぶつかったりで、毎日更新できませんでしたけど、また1月も後半から繁忙期になるので休み休み聴いていきます。このアルバム、CD化でLPより2曲多く入って、73分もの収録だったんですね。今更ながら気がついたり。もうこの頃から聴けば分かるギター・フレーズを弾きまくっています。私はもう少し遅れてグラマヴィジョン時代に彼を知ったのですが、ハマりこむまで時間はかかりませんでした。


Live '77/John Scofield(G)(Enja) - Recorded November 4, 1977. Richie Beirach(P), George Mraz(B), Joe LaBarbera(Ds) - 1. V. 2. Gray And Visceral 3. Leaving 4. Air Pakistan 5. Jeanie 6. Softly As In A Morning Sunrise

4-5曲目はCDのみに収録。ジョン・スコフィールド初期のグループにリッチー・バイラークが参加しているドイツのミュンヘンでのライヴ。ジョン・スコ作が4曲(1-2、4-5曲目)、バイラーク作が3曲目。2人の個性が強く出ていて、特に6曲目の「朝日のようにさわやかに」における2人の解釈というか演奏は非常に面白い。4ビートなんだけど変則小節らしく、ジョン・スコのギターの個性も出ていて、なかなか面白い1曲目、4分の6拍子でブルースのような気もするけどやはり小節数が変則的な、彼らしい2曲目、バイラークらしい耽美的な出だしにギターの個性が絡んでいき盛り上がる3曲目、ギターの速いフレーズに、アップテンポの4ビートで突き進んでいく4曲目、ギターは彼らしいフレーズだけど、それでもバラードの5曲目。

« Le Long De La Plage/Michel Butor/Marc Copland | トップページ | エトレーヌ/情家みえ »

Enjaレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/66272565

この記事へのトラックバック一覧です: Live '77/John Scofield:

« Le Long De La Plage/Michel Butor/Marc Copland | トップページ | エトレーヌ/情家みえ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト