私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« 2017年11月 | トップページ

2017/12/13

長男の自作スピーカーの完成

171213speaker_3
171212speaker_2
FostexのFE208-Sol(フルレンジユニット)とT90A-Super(スーパーツイーター)を使って、雑誌「無線と実験」11-12月号の小澤さんの大型バックロードホーンの作例の改造型を作っていた話は前回書きました。やっと一昨日夜から昨日朝にかけて、何と部屋の中での塗装が終わり、オイル塗装なので、そのまま24時間以上乾燥、そして、今日の昼前に完成しました。

本当は、外で塗装をやってほしかったのだけど、冬で寒いので、オイル塗料を部屋で塗るのを許可しました。もちろん彼は窓を開けて換気して、塗料がつかないように、この寒いのにシャツとパンツで塗装してました。シンナーやベンジン系よりは、体に毒ではないですが、その後換気してもしても、部屋の中がオイル臭いです。昨朝塗り終わって乾燥まで24時間以上置くので、写真は今日のお昼前かな。それと塗っている途中の写真と。我が家で一番大きいスピーカーとなってしまいました。写真は完成して、本当は他の2台のスピーカーの後ろ側に置くのだけど、とりあえずは仮置きという事で。それと、塗装中の様子です。オイル系の塗料は初めてだったのですが、けっこうサラサラだそうでした。

音はというと、ちゃんと「無線と実験」の雑誌で自作例が発表されたスピーカーでもあるし、大型のバックロードホーンという感じでけっこういい音が鳴ります。スピーカーで16万円ほど、木材とカット代で5万円弱かかってるので(長男のバイト代でまかなっている)、物量的にはかかっている方だと思います。オンキョーのScepter1001と、自作のスーパースワンと、3種類の音が聴けるのも、長男がいたからこそかもですしね。音を自作真空管アンプの回路をいじったり、部品をいろいろ替えたりして、音もだんだん良くなっているようですし。長男は自分が目指すべき良い音が分かっているようで、今回のスピーカーもけっこういい音で鳴ってくれます。

学校を卒業するまでにはモノラルの真空管300Bを使ったアンプx2を製作予定なので、3通りの回路を使った聴き方ができることになると思います。

2017/12/03

長男が再びメインスピーカーを製作中

171203speaker2
先日、限定品で出たFostexのFE208-Sol(フルレンジユニット)とT90A-Super(スーパーツイーター)を購入した長男は、しばらくそのままFE208-Solを置いておいて、T90A-Superの方はスーパースワンにつないでいたのですが、先日よりスピーカーBOXの製作をしていて、現段階では両側のスピーカーの、残りの側面片面接着(今は圧着状態)と塗装を残して、とりあえず音が聴ける状態になりました。まだ、エージングがこれからだけど、なかなかいい感じ。意外に早かった。ただ、ひとりではなかなか動かせない重さになってしまいました。

今回のエンクロージャーは雑誌「無線と実験」11-12月号の小澤さんの大型バックロードホーンの作例の改造型だそうで、側板と天板には12ミリ厚の木材も使っていて(雑誌の方もそうなっている)、箱鳴りがしないか心配だったのですが、試しに音出ししてみても、そのような心配は今出している音量ではいらないと分かり、ホッとしているようです。

これでメインスピーカーになりうるスピーカーは3セットになってしまいますが、次は300Bの真空管を使ったモノラル真空管アンプx2を作る予定で、その前段階の装置さえ考えれば、3セット独立して使えるようにもなるし、スピーカーケーブルにはバナナ端子がついているので、切り替えも容易だという事があります。スピーカーはここまでだと何とか置き場所があるけれど、もうこれ以上メインスピーカー作りは勘弁してほしいのが正直なところ。このスピーカー、スリムなように見えて奥行きが56センチありますし。

まあ、音の選択の余地が増えることは素直にうれしいですけど。

(注)写真のスピーカーは未完成のため、仮置きの場所です。完成すると、スピーカーの一番奥に入るんじゃないかな?

171209speaker
(追記12月9日)朝起きたら、スピーカーが塗装を残して片方完成していた。最後の側板の取り付けが、スピーカーの重さやら、立てておいたせいか、本体が歪んで隙間ができていちばん大変だったらしい。もう片方は、彼は今日用事があるので、明日かな。

2017/12/01

今年(’17年)の今までのCD他の購入枚数

今日12月1日現在で通販へのCDの注残がゼロ。買いたいと思うECMの予告も4枚出てますが、来年1月19日の予定なので、もしかすると、12月は全くCDを買わない月になってしまう可能性があります。もし年内に買ったら、ここに追加していきますが、今のところの計算をしてみました。年々枚数が減ってきてますが、ECMは相変わらず毎年50枚近く出してますね。つまりそれ以外のアルバム(今年はECM以外の輸入盤)の購入がだいぶ減っていることになります。

’17年1-6月分

国内盤  13枚
輸入盤  17枚
ECM輸入盤 24枚
Blu-ray(DVD) 2枚

計      56枚

’17年7-11月分(12月の購入があれば、適宜追加し、追加した日付を書いておきます。)

国内盤  13枚
輸入盤  18枚
中古盤   1枚
ECM輸入盤 20枚
Blu-ray(DVD)   1枚

計      53枚

合計

国内盤  26枚
輸入盤  35枚
中古盤   1枚
ECM輸入盤 44枚
Blu-ray(DVD) 3枚

計      109枚

何だ、この程度の枚数か、と思う方もあるかもしれません。その程度なんです。かつて、200枚以上購入してた年もありましたけど、今はむしろあと662枚にまで減ってきたホームページに掲載してある過去盤のコメントの手直しの方にも関心が向いてますし。また、ダウンロード音源もある程度所有していますけど、ホームページ、ブログ上ではあくまでも、現物のCDを聴いたものをブログアップするという方針ですので、その点はご容赦ください。

(追記)12月7日に国内盤2枚、輸入盤2枚、中古盤1枚を追加注文したので、枚数を書き直しました。

« 2017年11月 | トップページ

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メールアドレス

友人が運営しているサイト