私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Night Passage/Weather Report | トップページ | Formidable/Pat Martino »

2017/11/01

Weather Report/Wether Report

Weatherweather
ウェザーリポートの12日目。何とファーストアルバムと同じアルバムタイトルなんだからややこしい。こちらの方も、いわゆる黄金期のメンバーのラスト作という事で、こういうタイトルになったのかもしれないです。だいたい同年代のファンは、ここまでのアルバムを重要視している方が多いようですけど、この後、ヴィクター・ベイリー(B)、オマー・ハキム(Ds)になったグループも個人的には好きなんです。ここまでのアルバムを聴いて、ジャコ・パストリアスはどこまで行ってしまうんだろうと当時思ってましたが、その後演奏面では失速、そして事故で’87年に亡くなってしまいます。何とも天才肌の人ではありました。


Weather Report/Wether Report(Sony) - Recorded 1981. Joe Zawinul(Key, Per), Wayne Shorter(Ts, Ss), Jaco Pastorius(B, Per, Vo), Peter Erskine(Ds), Robert Thomas, Jr.(Hand Ds) - 1. Volcano For The Hire 2. Current Affairs 3. N.Y.C. Part1 41st Parallel Part2 The Dance Part3 Crazy About Jazz 4. Dara Factor One 5. When It Was Now 6. Speechless 7. Dara Factor Two

ラストはメンバーのインプロヴィゼーション、5曲目がウェイン・ショーター作、他は全曲ジョー・ザヴィヌル作。シンプルな感じと複雑な感じのサウンドが同居した、ウエザー・リポートの黄金期のメンバーが解体する寸前のアルバム。印象深いメロディーも数曲で聴かれます。とにかくリズムが前面に出ている、フレーズの速い1曲目、牧歌的かつ、浮遊感のあるバラードの2曲目、組曲でファンクあり、ヴォーカルあり、ソロあり、4ビートありと曲調にも変化に富んでいる3曲目、タイトなリズムの上を他の3人が気ままなフレーズで動く構図の4曲目、はっきりとした4拍子の上をそれぞれが無機的というか自由に奏でていく5曲目、ミステリアスな雰囲気の美しいバラードの6曲目、4曲目をさらに全員でインプロヴァイズした感じの7曲目。

« Night Passage/Weather Report | トップページ | Formidable/Pat Martino »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/65972757

この記事へのトラックバック一覧です: Weather Report/Wether Report:

« Night Passage/Weather Report | トップページ | Formidable/Pat Martino »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト