私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« フクシマ/藤井郷子オーケストラニューヨーク | トップページ | グラマラス・ライフ/大西順子トリオ »

2017/11/26

ヴェリー・スペシャル/大西順子

Onishivery
大西順子初の2枚同時発売、という事で、どっちから聴こうかなと思ったけど、日曜の朝早くなので、静かな方のバラード集から。デュオの曲が多く、やはり静かな場面も多いので、この時間にはしっくりときます。シンプルで攻めてみても、ピアノは歌っているし、やっぱりいい感じ。曲によってはフェンダー・ローズ・ピアノを使っていて(5、9曲目)、これも自然な流れのうちで使っているので、急に雰囲気が変わったりという事はありません。ウィリアムス浩子のMy Room集を何となく思い出した(ギタリストが重なっているからか)けど、それよりは賑やかな雰囲気も持っています。こういう一面もあるんだなと、うれしくなってきました。


ヴェリー・スペシャル/大西順子(P、Key)(Somethin' Cool)
Very Special/Junko Onishi(P, Key)(Somethin' Cool) - Recorded September 7-9, 2017 (Tr 3 and 8, January 17, 2011). Toshiaki Baba(G on 2, 4, 7, 9, 10), Jose James(Vo on 3, 8), Miho Hazama(Arr, Cond on 6), Takuya Mori(Cl on 6), Yoshie Sato(Bcl on 6), Shinnosuke Takahashi(Cymbals on 1), Yosuke Inoue(B on 11) - 1. Very Special -Intro- 2. I Cover The Water Front 3. Lush Life 4. Easy To Love 5. Barcarolle (From "The Seasons"), 6. Willow Song (From "Othello") 7. Comecar De Novo (The Island) 8. A Flower Is A Lovesome THing 9. How Do You Keep The Music Playing 10. After The Love Has Gone 11. Very Special - Outro-

1、11曲目のみ大西順子作曲で、他はスタンダードなどの他人の曲。構成が考えられているようで、小品の1、11曲目自体シンプルで美しい。基本的にピアノに相手が加わる(デュオなど)ことで、シンプルな美しさを醸し出すバラード集になってます。ゆったりした曲の中にも、繊細な場面もあれば、力強い場面や速いパッセージの部分があたかも歌うような感じ。そのメロディにひかれる感じです。クラシックの味わいのある曲も。今話題のホセ・ジェイムスのヴォーカルとのデュオが2曲ありますが、これのみ’11年の録音。先を見越した録音と言っていいでしょう。基本的にバラード集はあまり得意ではないのですが、このアルバムはよく歌うし、変化に富んでいるので、何度も聴きたくなります。彼女の別な側面を垣間見ました。(17年11月15日発売)

« フクシマ/藤井郷子オーケストラニューヨーク | トップページ | グラマラス・ライフ/大西順子トリオ »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/66087611

この記事へのトラックバック一覧です: ヴェリー・スペシャル/大西順子:

« フクシマ/藤井郷子オーケストラニューヨーク | トップページ | グラマラス・ライフ/大西順子トリオ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メールアドレス

友人が運営しているサイト