私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Weather Report/Wether Report | トップページ | Bad Hombre/Antonio Sanchez »

2017/11/02

Formidable/Pat Martino

Patformi
新譜が届いてきているので、またしばらく新譜を聴いていこうと思います。久しぶりのパット・マルティーノで、2管のホーン入り。今回は発売されてから気が付きました。ジャズとしてはオーソドックスな方に入ると思うのですが、世間に彼ほど上手いギタリストって、なかなかいないなあ、と思います。歌う曲はしっかりと歌い、テクニックでも16ぐ音符の速射砲を持ってますしね、しかも、それをメロディアスに弾いていく。このアルバムもたっぷりと71分楽しめるので、聴いてみても損はないと思います。オルガンジャズ、私はあまり聴かないですけど、こういうオルガンジャズだといいですねえ。


Formidable/Pat Martino(G)(High Note)(輸入盤) - Recorded April 17-19, 2017. Pat Bianchi(Org), Carmen Intorre, Jr.(Ds), Adam Niewood(Ts on 1-3, 5, 7, 9), Alex Norris(Tp, Flh on 1-3, 5, 7, 9) - 1. El Nino 2. Hipsippy Blues 3. Homage 4. Duke Ellington's Sound Of Love 5. El Homble 6. In Your Own Sweet Way 7. Nightwings 8. In A Sentimental Mood 9. On The Stairs

(17/10/29)ジョーイ・カルデラッツォ作の1曲目から、ジャズメン・オリジナルやスタンダートがズラリと並びます。特に5、7、9曲目はアストル・ピアソラ作が3曲も。相変わらずのマイペースで、バラードだけではなくて、ある程度のテンポの良い曲でもギターが歌ってますね。昔ほどではないにしても、16分音符の速射砲的なフレーズもところどころに出てきます。今回は2管のホーンを曲によって入れたことで、ややリラックスして聴けるし、それでいて決して軟弱になっていないのがいいところ。ホーンなしの曲はバラードかミディアムの4ビートで、ここでは歌うギターを楽しめます。それにしてもパット・マルティーノはオルガンとの相性が良いようで、こういう編成のアルバムで71分続いても、感動することはあっても、まず飽きません。

« Weather Report/Wether Report | トップページ | Bad Hombre/Antonio Sanchez »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/65981576

この記事へのトラックバック一覧です: Formidable/Pat Martino:

« Weather Report/Wether Report | トップページ | Bad Hombre/Antonio Sanchez »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト