私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« The Legendary Live Tapes: 1978-1981/Weather Report | トップページ | Yuuko Shiokawa/Andras Schiff/Bach/Busoni/Beethoven »

2017/11/09

Bruno Maderna/Luciano Berio/Now, And Then

2485
ECM New Seriesが3枚届いているので、他に割り込んでくるものがなければ、続けて聴いていきたいと思います。タイトルが「Now, And Then」ですもんね。現代音楽家2人による曲の演奏ですが、Bruno Madernaは現代音楽家でありながら昔の曲のトランスクリプションをやっている演奏で、しかも、当時の曲を使いながら、古楽やバロックではなくてクラシックのサウンド(聴きやすいですけど)になっているのは、当時の再現ではなくて、そういう背景を自分でアレンジしてしまう、というのがやはり現代音楽家らしいです。もう一人のLuciano Berioは現代音楽らしい作品ですが、ギターのPablo Marquezが引き立っています。


Bruno Maderna/Luciano Berio/Now, And Then(ECM New Series 2485)(輸入盤) - Recorded August 2015. Orchestra Della Svizzera Italiana. Dennis Russell Davis(Cond), Pablo Marquez(G on 6) - 1-4. Bruno Maderna Transcriptions Girolamo Frescobaldi: The Pezzi 5. Giovanni Legrenzi: 5. La Basadonna 6. Luciano Berio: Chemins V 7. Bruno Maderna Transcriptions Girolamo Frescobaldi: Canzone A Tre Cori 8-12. Tommaso Lodovico Da Viadana: Le Sinfonie 13-15: Unico Wilhelm Van Wassenaer Fformerly Attributed to GIovanni Battista Pergolesi: "Palestrina-Konzert"

(17/11/07)Bruno Madernaは20世紀のイタリアの現代音楽家ですが、ここでは16-18世紀頃の音楽をトランスクリプションしています。6曲目のLuciano Berioの曲以外は全部そうです。Luciano Berioもイタリアの20-21世紀の現代音楽家で20分にわたる6曲目はいかにも現代音楽という感じの曲。他のBruno Maderna編曲作品はクラシックらしく割と聴きやすいのですが、作曲当時の音や背景などは気にしないで編曲しているとか。

« The Legendary Live Tapes: 1978-1981/Weather Report | トップページ | Yuuko Shiokawa/Andras Schiff/Bach/Busoni/Beethoven »

ECM2451-2499番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

クラシック・現代音楽」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/66018356

この記事へのトラックバック一覧です: Bruno Maderna/Luciano Berio/Now, And Then:

« The Legendary Live Tapes: 1978-1981/Weather Report | トップページ | Yuuko Shiokawa/Andras Schiff/Bach/Busoni/Beethoven »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト