私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Dream/Toshiyuki Honda | トップページ | I Sing The Body Electric/Weather Report »

2017/10/21

Weather Report

Weatherreport
今になってやっとウェザー・リポートです。このページ、まだほとんど手をつけてないので、ミロスラフ・ヴィトウスがグループ初期のアルバム5枚に参加しているため、つなげて聴いていこうかと思います。自分が初めてリアルタイムにこのグループに接したのは’80年の「ナイト・パッセージ」だったので、その時と初期のサウンドの違いには驚かされました。それだけ進化が早かったバンドだったということが分かるのですけど。このファーストアルバム、まだ’70年代初期ですしね。マイルス・デイヴィスのこの時期のアルバムも今ではあまり聴くことはありませんが、当時の状況を考えながら聴くと、発見もありますね。


Weather Report(Sony) - Recorded Fenruary 16-18, 22 and March 17, 1971. Wayne Shorter(Ss), Joe Zawinul(Key), Miroslav Vitous(B), Alphonze Mouzon(Ds, Voice), Airto Moreira(Per), Burbara Burton(Per) - 1. Milky Way 2. Umbrellas 3. Seventh Arrow 4. Orange Lady 5. Morning Lake 6. Waterfall 7. Tears 8. Eurydice

全曲が、メンバーの作曲ないし共作。当時、ジョー・ザヴィヌル、ウェイン・ショーター、ミロスラフ・ヴィトウスの3人が主要メンバーでした。「すべてがソロでありすべてがソロでないグループ」のファーストアルバム。ジャズと呼ぶにはちょっと遠く、当時のマイルスバンドを思わせるようなやや混沌とした音の中から、当時では新しかったサウンドが見え隠れしています。2、7曲目のようにミロスラフ・ビトウスがエレキベースを使用する場面も。 短い情景的な1曲目、少し混沌とした3人共作のインプロヴィゼーション・ファンクの2曲目、不思議なファンクの雰囲気を醸し出す3曲目、ミステリアスで牧歌的なバラードの4曲目、明るさのある叙情的なバラードの5-6曲目、ややファンク的に攻める7曲目、4ビートでもジャズっぽくない8曲目。

« Dream/Toshiyuki Honda | トップページ | I Sing The Body Electric/Weather Report »

ジャズ」カテゴリの記事

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/65918824

この記事へのトラックバック一覧です: Weather Report:

« Dream/Toshiyuki Honda | トップページ | I Sing The Body Electric/Weather Report »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト