私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« I Sing The Body Electric/Weather Report | トップページ | Sweetnighter/Weather Report »

2017/10/23

Weather Report Live In Tokyo

Weathertokyo
ウェザー・リポートの3日目。今回は前作にも5-7曲目に入っていた東京でのライヴをCD2枚組で。’72年という時期を考えると、けっこう新しいタイプのジャズ/ファンクで、戸惑う人もいたのかどうか。意外にライヴで聴いてしまうと、すんなり入ってくる部分も多いと思いますが。当時まだフリージャズも引きずっていたし、当時の物と新しいものがごちゃ混ぜになったような内容、という感覚で聴きました。記録という意味では確かに価値がありますが、このバンドの自分の好みが出てくるのは、もっと後の時期になります。このアルバムだけ’95年にCDで出てきて、ライヴの音がマスタリングで良くなっているような感じを受けました。


Weather Report Live In Tokyo(Sony) - Recorded January 13, 1972. Wayne Shorter(Ss, Ts), Joe Zawinul(Key), Miroslav Vitous(B), Eric Gravatt(Ds), Dom Um Romao(Per) - 1. Medley: Vertical Invador, Seventh Arrow, T.H., Doctor Honoris Causa 2. Medley: Surucucu, Lost, Early Minor, Directions 3. Orange Lady 4. Medley: Eurydice, The Moors 5. Medley: Tears, Umbrellas

2枚組CDで東京でのライヴ。主要メンバー3人のそれぞれの作曲ですが、ミロスラフ・ヴィトウスの曲は1曲のみになります。フリーのような場面もあり、アグレッシヴな演奏もありますが、今聴くと、オーソドックスではないけれどジャズっぽい印象もあります。クロスオーヴァーの走りのサウンドもあり、当時としては非常に新しいサウンドだったのでは。メドレーの曲がけっこう多いですが、やりたいことを比較的短時間で表現するにはいいかも。必然的に曲は長くなり、ファンク的でアグレッシヴなフレーズが出てきたり、静かになってみたり、合間に4ビート的にベースが絡んだりと、いろいろと変化に富んでいます。ワウワウの効果音がやはり時代を感じさせますが、演奏のノリもいいし、ファンクの部分がなかなかいい感じになってます。

« I Sing The Body Electric/Weather Report | トップページ | Sweetnighter/Weather Report »

ジャズ」カテゴリの記事

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/65919463

この記事へのトラックバック一覧です: Weather Report Live In Tokyo:

« I Sing The Body Electric/Weather Report | トップページ | Sweetnighter/Weather Report »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト