私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Weather Report Live In Tokyo | トップページ | Mysterious Traveller/Weather Report »

2017/10/24

Sweetnighter/Weather Report

Weathersweet
ウェザー・リポートの4日目。後から見てみると、次のアルバムに1曲だけ参加して、ミロスラフ・ヴィトウスは脱退するのですが、ここでもその萌芽が出ているのが分かります。5曲目1曲だけの曲の提供と、その曲の演奏内容は、ジョー・ザヴィヌルとウェイン・ショーターの関与がないように感じるのは私だけ? また、当時、アコースティック・ベーシストもエレキ・ベースも使うブームだったけれど、さすがにここでは後半3曲がエレキベースなので、それは本心から弾きたかったのか? というのはあります。ただ、曲がそういう方向性になっていたのだから仕方がないのですが。彼以降のベーシストは皆エレクトリック専門の人ですし。


Sweetnighter/Weather Report(Sony) - Recorded Fenruary 3, 5, 7, 1973. Wayne Shorter(Ss, Ts), Joe Zawinul(Key), Miroslav Vitous(B), Eric Gravatt(Ds), Dom Um Romao(Per), Muruga(Per), Herschel Dwellingham(Ds), Andrew N. White 3rd(English Horn, B) - 1. Boogie Woogie Waltz 2. Manolete 3. Adios 4. 125th Street Congress 5. Will 6. Non-Stop Home

メンバー主要3人の作曲ですが、ミロスラフ・ヴィトウスの作曲は5曲目のみ。前期のウエザーリポートらしさは相変わらずですが、だんだんビートが効いたノリのいいサウンドになってきています。これは同時代のジャズと同じ流れです。バンドサウンドがヴィトウスにとっては肌が合わなくなってきている気がします。あまりブギヴギという感じはしないけど、以前よりはメリハリがついてきた1曲目、民族音楽的なサックスが印象的で、ミステリアスな2曲目、静かで明るい牧歌的なバラードの3曲目、エレキベースを使用してこれぞファンクだというリズムを刻むようになって、割とカッコいい12分台もの4曲目、フレットレスベースにエフェクターをかけて、リズムの上を舞う5曲目、効果音も乗っているけどこれまた激しいファンクの6曲目。

« Weather Report Live In Tokyo | トップページ | Mysterious Traveller/Weather Report »

ジャズ」カテゴリの記事

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/65919704

この記事へのトラックバック一覧です: Sweetnighter/Weather Report:

« Weather Report Live In Tokyo | トップページ | Mysterious Traveller/Weather Report »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト