私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Invitation/Jaco Pastorius | トップページ | Claus Ogerman Featuring Michael Brecker »

2017/10/09

Jazzvisions/Implosions

Jazzvisionsimplo
ランディ・ブレッカーのサイド参加作過去盤聴き7日目。今日のアルバムは’80年代後半に短期間存在したNECアヴェニューというレーベルからの企画ものアルバムです。レーザーディスクの映像ものと連動で10種類出ていて、そのうち2枚を持っています。余裕があれば、当時のメンバーがスゴいので、全部持っていても良かったかなと思います。でもこのアルバムも、セッション的なライヴの位置付けではありますけれど。このアルバムもランディは2曲目だけの参加になっていますが、やはりメンバーが面白いので、今になって振り返って聴くと、割といいんじゃないかと思えます、企画ものとしては。


Jazzvisions/Implosions(NEC Avenue) - Recorded December 1986. Randy Brecker(Tp on 2), Stanley Clarke(B), Peter Erskine(Ds on 1-4, 6-7), Eric Gale(G on 1), Roger Kellaway(P on 1, 3, 6-7), Frank Morgan(Sax on 1), McCoy Tyner(P on 4, 6-7), Ernie Watts(Sax on 3) - 1. All The Things You Are 2. Loverman 3. Skylark 4. Green Dolphin Street 5. Bass Folk Song 6. Softly As In A Morning Sunrise 7. So What

5曲目のスタンリー・クラークのエレキ・ベース・ソロ(他の曲ではアコースティック・ベースを演奏)を除いて有名な曲が続き、しかも有名なミュージシャンが集まって繰り広げられたライヴ。なかなかありそうでなさそうな組み合わせかもしれません。ただし、曲によって入れ替わりが多いので、曲単位では割と普通の曲もありますけど。1曲にしか参加していないミュージシャンも複数人。その中でも6-7曲目はピアノが2人での演奏なので、その対比が面白いかもです。全体的に聴きやすいアルバム。ランディ・ブレッカーは2曲目のみの参加ですが、そのかわりワン・ホーンなので、彼の演奏全開のバラードを聴くことができます。発売当時はレーザーディスクと連動で、映像も同じ音源で観れました。今となっては珍しい企画ものCD。

« Invitation/Jaco Pastorius | トップページ | Claus Ogerman Featuring Michael Brecker »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/65889119

この記事へのトラックバック一覧です: Jazzvisions/Implosions:

« Invitation/Jaco Pastorius | トップページ | Claus Ogerman Featuring Michael Brecker »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メールアドレス

友人が運営しているサイト