私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Live From The Blue Note Tokyo/Chick Corea Akoustic Band | トップページ | The infinite Desire/Al Di Meola »

2017/09/14

Time Warp/Chick Corea Quartet

Chicktimewarp
ジョン・パティトゥッチのサイド参加作過去盤聴き10日目。今日もチック・コリアのアルバムですが、このアルバムだけ独立してポコッとあります。チックの描いた短い物語に合わせて、組曲が出来上がったようで、アルバム全体がトータルアルバムになっています。モーダル系統のジャズは合っても4ビートで演奏する曲はなく、ボブ・バーグのサックスのメロディが前面に出てきていて、この時期で偶然この顔合わせでなければできないサウンドだなあ、と思います。今回はジョン・パティトゥッチの参加作から追いかけてましたけど、チックとして追いかけていたら、その壮大なビジョンが、果たして今の自分に見切れたか、どうか。


Time Warp/Chick Corea(P) Quartet(Stretch) - Recorded 1995. Bob Berg(Ts, Ss), John Patitucci(B), Gary Novak(Ds) - 1. One World Over(Prologue) 2. Time Warp 3. The Wish 4. Tenor Cadenza 5. Terrain 6. Arndok's Grave 7. Bass Intro To Discovery 8. Discovery 9. Piano Intro To New Life 10. New Life 11. One World Over

全曲チック・コリアの作曲。久しぶりのクァルテットでのアコースティック・ジャズ。とはいうもののいわゆる普通の4ビートのノリではない。アコースティックで演奏するフュージョンに近い感じの曲も。CDジャケットに物語が書いてあって、それをモチーフにしたトータルアルバムのようです。国内盤には物語の和訳も入っていますが、ドラマチックな曲が多いので、気にしないでも十分楽しめますが。短い曲も2曲(1、4曲目)あるけれど、通常の長さのものや10分を超える、あるいは9分台の曲も2曲(8、10曲目)あって、それが一連の曲のドラマ性の流れと、個々の曲の曲としての完結性と、うまくバランスをとっています。当時のボブ・バーグのメロディの強力さもなかなかで、存在感があります。この時期だけの顔合わせによる物語。

« Live From The Blue Note Tokyo/Chick Corea Akoustic Band | トップページ | The infinite Desire/Al Di Meola »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/65778394

この記事へのトラックバック一覧です: Time Warp/Chick Corea Quartet:

« Live From The Blue Note Tokyo/Chick Corea Akoustic Band | トップページ | The infinite Desire/Al Di Meola »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト