私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Jaco Pastorius/Jaco Pastorius | トップページ | All In All Out/Masahiko Sato »

2017/09/27

The Joy Of Flying/Tony Williams

Tonythejoy
ランディ・ブレッカーのサイド参加作過去盤聴き2日目。とは言いつつ、アルバムに1曲しか参加していないというものも多いですね。でもそのおかげで、普段は聴き返さないようなアルバムを聴くことができて、ラッキーな面もありますが。このアルバム、トニー・ウィリアムスがファンク、ロック方面にまで手をのばし、最後の曲でフリージャズのセシル・テイラーとのデュオという、まさしく彼が何をやりたかったんだか(少なくとも私には)分らないアルバムです。でも、曲ごとでは案外印象に残ったりはしています。CD化されていないリーダー作がこの間にあるのかどうかは分かりませんけど、’85年に新生ブルーノートで、リーダー作ではジャズの復活を遂げることになります。


The Joy Of Flying/Tony Williams(Ds)(Sony) - Recorded July-September 1978. Paul Jackson(B on 2, 7), Jan Hammer(Key, Synth on 1-2, 6-7), George Benson(G on 2, 7), Ralph MacDonald(Per on 2), Michael Brecker(Ts on 2), David Sanborn(As on 2), Ronnie Cuber(Bs on 2), Barry Rogers(Tb on 2), Randy Brecker(Tp on 2), Jon Faddis(Tp on 2), Stanley Clarke(B on 3, 5), Herbie Hancock(Key, Synth on 3, 5), Tom Scott(Lyricon on 3, 5), Mario Cipollina(B on 4), Ronnie Montrose(G on 4), Brian Auger(Org, Synth on 4), Cecil Taylor(P on 8) - 1. Going Far 2. Hip Skip 3. Hittin' On 6 4. Open Fire 5. Tony 6. Eris 7. Coming Back Home 8. Mogan's Motion

曲によってメンバーが替わり、ヤン・ハマーとの多重録音によるロックビートのデュオ作品(1、7曲目)があったり、ホーンセクションを従えた大編成の、なかなかカッコいいファンクの2曲目もあります。ブレッカー兄弟は2曲目に参加。2曲目にはジョージ・ベンソンやデヴィッド・サンボーンも参加。曲調はさまざまですが、ロック(クロスオーバー)寄りのアルバム。6拍子のファンクで、けっこう元気な3曲目、もろに硬派なロックという感じのメンバーと曲の4曲目、ファンクなんだけど、優しいドラマチックな進行の部分もある5曲目、プログレ的なメロディアスで哀愁のある曲の7曲目、なんとセシル・テイラーとのデュオでシリアスなフリーでせまりくる8曲目。 やはり時代がこういう方向へ向かわせたとか、そういう面はあると思います。

« Jaco Pastorius/Jaco Pastorius | トップページ | All In All Out/Masahiko Sato »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

ロック・ポップス」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

工藤さん,こんにちは。

全く同感で,Tony Williamsが何をしたかったのかさっぱりわからない散漫なアルバムだと思います。こういうのはさすがに認められないですねぇ。

Ronnie Montroseが入ったライブ・アンダー・ザ・スカイの音源はブートが出ていますが,そっちの方がずっと燃えます(笑)。

ということで,古い記事ですが,TBさせて頂きます。

>中年音楽狂さん

TBどうもありがとうございます。

本当に総花的で、何をやりたかったのかは私にもわかりません。ジャズが衰退していた当時の時代がそうさせたのかなという気もしていますが。この後、’85年から新生ブルーノートでジャズに回帰してからが面白かったとは思うのですが...。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/65839616

この記事へのトラックバック一覧です: The Joy Of Flying/Tony Williams:

» Tony Williamsはこのアルバムで何をしたかったのだろう? [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
The Joy of Flying Tony Williams(Columbia) 昔から気にはなっていたが,買わなかったアルバムっていうのは私に限らず皆さんにもあるのではないかと思うのだが,本作など [続きを読む]

« Jaco Pastorius/Jaco Pastorius | トップページ | All In All Out/Masahiko Sato »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メールアドレス

友人が運営しているサイト