私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Pelagos/Stefano Battaglia | トップページ | Trip/Mike Stern »

2017/09/22

ライヴ・イン・モントリオール/上原ひろみxエドマール・カスタネーダ

Ueharamontreal
上原ひろみ(英語ではHiromi)の新譜が出たので聴きました。最近トリオでのアルバムが、メンバーの健康上の理由もあるのか出てませんけど、このアルバムも、けっこういいなあと思いました。出だしの2曲のあたりはちょっとマニアックかなあ、と思っていましたが、その後はポップなメロディも出てくる場面もあったり、通して聴くと興奮させられました。もはやハープというよりは、やたら音の範囲の広いギターという感じで、ハープの概念を覆すような超絶技巧の演奏も聴きどころです。ハープとピアノが混ざり合って、どちらがどちらか、なんていう親和性もあったりして、なかなか他では効くことができない音楽を聴かせてくれました。でも少し聴く人を選ぶかな。


ライヴ・イン・モントリオール/上原ひろみ(P)xエドマール・カスタネーダ(Harp)(Telarc)
Live In Montoreal/Hiromi Uehara(P) x Edmar Castaneda(Harp)(Telarc) - Recorded June 30, 2017. - 1. A Harp In New York 2. For Jaco 3. Moonlight Sunshine 4. Cantina Bando The Elements: 5. Air 6. Earth 7. Water 8. Fire 9Libertango

(17年9月20日発売)カナダでのライヴ。3、5-8曲目が上原ひろみ作曲、1-2曲目がエドマール・カスタネーダ作曲、5曲目はジョン・ウィリアムス作、9曲目がアストル・ピアソラ作。CDの収録時間72分にわたり、2人の超絶技巧を聴くことができます。特にハープは今まで聞いたことのない何か別の楽器のように聴こえ、2人とも楽器の限界に挑戦している感じです。1曲目からそれは全開で、もはやすでに、何かすごいものを聴いてしまったなあ、という感じ。それでいて曲としてもカチッと成立しているところがすごいです。通常の音ではない出し方の応酬の部分がある2曲目も、実験的だけど面白い。ただ、演奏曲を聴いていって少々マニアックかなとも。5-8曲目の組曲も意外にポップだと思うのですが。のどかな3曲目も。

« Pelagos/Stefano Battaglia | トップページ | Trip/Mike Stern »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

鉄壁のレギュラートリオ作が続いていたのが、本作でハープ奏者とのデュオ作ってことで若干なりとも???な気分でしたが、これまでの印象とは全く異なるハープの音色が、上原のピアノを凌駕していて、スゲェ作品に仕上がっていました。 圧巻。

コメント内TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。
https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64291666.html

>oza。さん

コメントどうもありがとうございます。

やっぱり予想を覆してくれる演奏だったですね。トリオじゃないと面白くない、と聴く前は想像してたのが、聴いちゃうと、すごく良かったです。意外なハープのアプローチにビックリでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/65819794

この記事へのトラックバック一覧です: ライヴ・イン・モントリオール/上原ひろみxエドマール・カスタネーダ:

« Pelagos/Stefano Battaglia | トップページ | Trip/Mike Stern »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト