私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Inside Out/Chick Corea Elektric Band | トップページ | Unforgettable/Natalie Cole »

2017/09/11

Beneath The Mask/Chick Corea Elektric Band

Chickbeneath
ジョン・パティトゥッチのサイド参加作過去盤聴き7日目。時期の関係か、このCDから音圧が急に高くなってます。長男がこのアルバムをちょっと聴いて「シンセの音が古い。カシオペアと同じ時期ぐらい?」とシンセの演奏経験がないのに聞いてきたという事は、音で収録された時期を判断する能力があるんでしょうね。確かにもう25年以上前の発売だもんね。このグループ、どこまで行っちゃうのかと思っていたら、突然の回帰だし、このメンバーではラストのアルバムだしと、やぱりメンバーの成長は予想を超えるものがあったのかもしれません。こういうストレートな表現も好きなんですけれども。


Beneath The Mask/Chick Corea(Key) Elektric Band(GRP) - Released 1991. Dave Weckl(Ds), John Patitucci(B), Frank Gambale(G), Eric Marienthal(Sax) - 1. Beneath The Mask 2. Little Things That Count 3. One Of Us Is Over 40 4. A Wave Goodbye 5. Lifescape 6. Jammin E. Cricket 7. Charged Particles 8. Free Step 9. 99 Flavors 10. Illusions

チック・コリア作もありますが、メンバーとの共作(1、3-4、6、10曲目)、およびメンバーでの共作(2曲目)か目立ちます。再びエレクトリック・ピアノが前面に出てくるようになって、全体的にシンプルなサウンドに戻ってきました。とはいえ、かなり高度なバランスで演奏されていて、他ではまねのできないサウンド。 タイトなリズムでシンセサイザーやギター、サックスが流れていくような曲が中心になっています。アコースティック・ピアノを封印し、曲をシンプルにしたことで、演奏(特にライヴでは)広がりが出てくるような気がします。ストレートなのも好みではありますが。割と長く続いたこのメンバーの最後の演奏なのが残念。この後大幅なメンバーチェンジをすることになりますが、こういうサウンドになると、必然かもしれません。

« Inside Out/Chick Corea Elektric Band | トップページ | Unforgettable/Natalie Cole »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/65769676

この記事へのトラックバック一覧です: Beneath The Mask/Chick Corea Elektric Band:

« Inside Out/Chick Corea Elektric Band | トップページ | Unforgettable/Natalie Cole »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト