私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Spetial Identity/Joanne Brackeen | トップページ | Fi-Fi Goes To Heaven/Joanne Brackeen »

2017/08/03

Havin' Fun/The Joanne Brakeen Trio

Joannehavin
ジョアン・ブラッキーンのリーダー作過去盤聴き6日目。実はこのアルバムが彼女の一番最初に聴いたリーダー作で、スタンダードからオリジナル方面に向かってずぶずぶとハマっていった一人です。それほどにこのアルバム、インパクトがありました。やっぱり、彼女のスタンダード・アルバムといったらこれでしょうね。聴いた順序が違っていたら、どうだったか。それにしても、LP時代のリーダー作でCD化されてないものが多いですね。CD化されてないものが半分ぐらいあるような感じです。まあ、今になって、LPを追いかけるというわけにもいかないので、とりあえず、あるものを紹介していきますけど。


Havin' Fun/The Joanne Brakeen Trio(P)(Concord) - Recorded June 1985. Cecil McBee(B), Al Foster(Ds) - 1. Thinking Of You 2. I've Got The World On A String 3. Emily 4. Just One Of Those Things 5. This Is Always 6. Everything She Wants 7. Manha De Carnaval 8. Day By Day

ジョアン・ブラッキーンが全曲スタンダードを弾いたら、という願いをかなえてくれたのがこのアルバム。この演奏の迫力は当時衝撃を受けました。演奏自体は、割と(無理に?)オーソドックスな感じで終始していますし、メロディもトリッキーなところは目立たないのですが、ブラインドだと男性が弾いていると答えてしまいそうな右手と左手の強靭さを持っています。それでいてどの曲も心地良いのは、やはりピアノも感性優先ばかりではなく、ちゃんとジャズの王道も身につけているからこそだと思います。ドラムスとベースも、こういう演奏に適したメンバーで、ボトムの方からも安心感を持ってきてくれています。優しいところは優しいんだけれど、盛り上がる時は盛り上がる、彼女の特徴を生かしたピアノ。そして華やかな感じもあります。

« Spetial Identity/Joanne Brackeen | トップページ | Fi-Fi Goes To Heaven/Joanne Brackeen »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/65611054

この記事へのトラックバック一覧です: Havin' Fun/The Joanne Brakeen Trio:

« Spetial Identity/Joanne Brackeen | トップページ | Fi-Fi Goes To Heaven/Joanne Brackeen »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メールアドレス

友人が運営しているサイト