私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Incidentals/Tim Berne's Snakeoil | トップページ | 仕事のホームページが20周年 »

2017/08/20

Far From Over/Vijay Iyer Sextet

2581
ECMレーベルの新譜3日目にして一段落。今日はヴィジェイ・アイヤーのセクステット。今まではECMだと割と静かなアルバムだったのが、ここでは本来(?)の姿に近くなり、元気なアルバムになっています。管のフロントも、グレアム・ヘインズ(懐かしい名前)、スティーヴ・レーマン、マーク・シムと、濃いメンバーが集まっていますし、ややM-BASE的でもあります。これでプロデューサーがマンフレート・アイヒャー(裏ジャケにはAn ECM Productionとのみ記載あり)なので、やはりECMらしい音というのは存在しない、と彼が言っていることは本当なのかと思ってしまいます。アイヤーのファンなら手が出るアルバムですが、ECMだけのファンは少々要注意といったところでしょうか。


Far From Over/Vijay Iyer(P. Key) Sextet(ECM 2581)(輸入盤) - Recorded April 2017. Graham Haynes(Cor, Flh, Electronics), Steve Lehman(As), Mark Shim(Ts), Stephan Crump(B), Tyshawn Sorey(Ds) - 1. Poles 2. Far From Over 3. Nope 4. End Of The Tunnel 5. Down To The Waire 6. For Amri Baraka 7. Into Action 8. Wake 9. Good On The Ground 10. Threnody

(17/08/19)全曲ヴィジェイ・アイヤーの作曲。ECMにしては元気な曲が多く、ACT時代の感触も少しあり。けっこう複雑な曲で、おそらく変拍子が多いと思われます。リズムがパルス的に来るため、何拍子か考えるのは、少々難しい。ただ、そういう点を除けば、通常のジャズから大きくはみ出たところは少ないと思います。聴くのに体力がいりますが、智に勝った部分も。プロデューサーはマンフレート・アイヒャー。メンバーがメンバーだからか、インド的要素は影を潜め、むしろM-BASE的なサウンドを感じるのは一部メンバーのせいか。とにかく、ECMにしては賑やかな演奏が多いです。3曲目のようにシンプルなファンクビートの曲もあるけど、一筋縄ではいかない現代ジャズ的なイメージ。時に静かな場面もあり。少し野性的か。

« Incidentals/Tim Berne's Snakeoil | トップページ | 仕事のホームページが20周年 »

ECM2551-2599番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

工藤さま、これ、、すごかったです。

かなりのお気に入り。
アイヤー、リーマンはもちろんなのですが、
タイショーン・ソーリーの存在感が半端なかったです。
これを創造したアイヤーはやっぱり天才だとおもいました!!

トラバしました♪

>Suzuckさん

TBどうもありがとうございます。

確かにドラムスの役割、こういう曲だとけっこう重要になってきますよね。何拍子か分らない曲も多かったですし。やっぱりこっち方面の曲、聴きたかったです。

工藤さん,こんばんは。

いやぁ,これはいいですねぇ。今年最高の興奮度と言ってもよいような作品でした。換言すれば,それだけECMっぽくないってことになりますが,それでもこれだけの作品であれば,全く文句ないですね。本年屈指の傑作と思いました。

ということで,TBさせて頂きます。

>中年音楽狂さん

TBどうもありがとうございます。

いよいよヴィジェイ・アイヤーの本領発揮といった感じの、賑やかなアルバムでした。こういうのがECMから出るってことはいい傾向だと思います。しかもアイヒャーのプロデュースですし。

おっしゃるとおり、ECMらしくない作品に仕上がっていて、驚きましたが、しっかりとしたクオリティに満足度は高かったです。
Vijay Iyerが、Manfred Eicher のお眼鏡にしっかり かなったミュージシャンであることがうかがい知れる作品でありました。

コメント内TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。


https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64278612.html

>oza。さん

コメントどうもありがとうございます。

彼のやりたかった、というのは、以前ACTレーベルを聴いていた時の延長線上にあるような気がしたからでもありますけど、やはりこういうサウンドで来てほしかったなあ、と喜んでます。ヴィジェイ・アイヤー、才能ありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/65681837

この記事へのトラックバック一覧です: Far From Over/Vijay Iyer Sextet:

» この創造力…やっぱり、天才! 『Far From Over / Vijay Iyer Sextet』 [My Secret Room]
ヴィジェイ・アイヤーの新作は3管セクステット! インプロヴァイズの神さまたちの集 [続きを読む]

» 全然ECMっぽくないが,極めてスリリングなVijay Iyerの新作 [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
”Far from Over Vijay Iyer Sextet(ECM) デリバリーからちょっと間が空いてしまったが,Vijay Iyerの新作である。どうも私はこの人のアルバムはデリバリーされても [続きを読む]

« Incidentals/Tim Berne's Snakeoil | トップページ | 仕事のホームページが20周年 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト