私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Gyorgy Kurtag/Complete Works For Ensemble And Choir/Reinbert De Leeuw/Asko|Schonberg/Netherlands Radio Choir | トップページ | 首都高速横浜北線を走ってきました »

2017/07/07

Inland Sea/Stephan Micus

2569
ECMレーベル新譜の3枚目で一段落。便宜上ジャズの区分にしているけど、民族音楽という区分があったらそこに入れたいくらいの音楽。でも、特定の地域の民族音楽ではないので、それもちょっと困ったりする。ちょっとずつ楽器を替えながらも、JAPOの時代から22作目だそうで、少しはアルバムによって特徴があるものもあれば、他との区別がつきがたくて、書くことに困ったりすることもあります。まあ、大いなるマンネリなんだけど、世界的に見れば、これだけ発売が続いているのだから、やはりECMの中では特異な地位を占めているんだなあ、と思います。こっち方面が好きな方向け、という事にはなるんだろうけど。


Inland Sea/Stephan Micus(All Instruments and Voice)(ECM 2569)(輸入盤) - Recorded 2014-2016. - 1. Haze Spwing Wind 3. Dawn 4. Flor Del Sur 5. Reading Storm 6. Dancing Clouds 7. VIrgen De La Mar 8. For Shirin And Khosru 9. Dusk 10. Nuria

(17/07/07)全曲作曲と演奏はStephan Micus。無国籍的民族音楽。ここではフィンランドのフィドルNyckelharpaが新しいそうだけど、2曲目では尺八もあったりと、あっちへ行ったりこっちへ行ったりの、意外な民族楽器の組み合わせの無国籍的な民族音楽が、穏やかに、そしてミステリアスに展開していきます。ECMへの持ち込み音源だと思われますが、JAPO時代も含めてこれで22作目というのが、息も長いし、すごいです。それだけ独自の世界を築き上げてしまっているということ。ジャズでもなければ民族音楽というには、あまりにも雑多な楽器を使っていて、どこの国の音楽か特定できない。それでいて何となく気になるミュージシャン。ヴォイスも興味深い。おそらくは録音に専念しているんだろうけど、ライヴも聴いてみたい。

« Gyorgy Kurtag/Complete Works For Ensemble And Choir/Reinbert De Leeuw/Asko|Schonberg/Netherlands Radio Choir | トップページ | 首都高速横浜北線を走ってきました »

ECM2551-2599番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/65504408

この記事へのトラックバック一覧です: Inland Sea/Stephan Micus:

« Gyorgy Kurtag/Complete Works For Ensemble And Choir/Reinbert De Leeuw/Asko|Schonberg/Netherlands Radio Choir | トップページ | 首都高速横浜北線を走ってきました »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト