私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« スイングしなけりゃ意味ないね/マンハッタン・ジャズ・クインテット | トップページ | ジェリ・アレンの訃報 »

2017/06/28

モンク・スタディーズ/山中千尋

Yamanakamonk
やはり国内盤の新譜の方が人気があるようなので、先に聴いていきます。山中千尋のブルーノートからの新譜は、セロニアス・モンク集。なのですが、モンクらしく弾くとかそういうところが全然なくて、ピアノ・トリオのサウンドが、おそらく最先端を行くのではないかと思われる、カッコいい感じに仕上がってます。私が’80年代にM-BASEに触れて、ハマって行ったときに近い感覚。でも、当時と違うのは自分はあれから30年以上経ってしまったということで、個々のアルバム的にはカッコいいと思っても、そちらの潮流には流れては行かないだろうなあ、とは思います。オーソドックスなピアノ・トリオが好きな人は面食らうかも。でもこのぐらいやってもらうと、むしろ個人的には気持ちがいい感じではあります。


モンク・スタディーズ/山中千尋(P、Synth、Key、Org)(Blue Note)
Monk Studies/Chihiro Yamanaka(P, Synth, Key, Org)(Blue Note) - Recorded March and April, 2017. Mark Kelley(B), Deantony Parks(Ds) - 1. Heartbreak Hill 2. Pannonica 3. Nobody Knows - Misterioso 4. New Days, New Ways 5. In Walked Bud 6. Rhythm-a-ning 7. Ruby, My Dear 8. Criss Cross 9. Hackensack 10. Abide With Me

山中千尋作が1、3曲目の前半、4曲目で、他の10曲目以外(3曲目後半を含む)がセロニアス・モンク作。10曲目は彼のアレンジ。トリビュートでモンクっぽいサウンドというよりは、最先端のベース(エレクトリック)、ドラムスを使い、シンセサイザーやフェンダー・ローズなども組み合わせて、変拍子も目立った、解体・再構築ヴァージョンととらえることができます。なかなか革新的だけど、こういうことをやらせてもらえるのがブルーノートなんだろうな、と思います。モンクの当時もけっこう確信的だったと思うので、その部分を今やるとどうなるかってとこで勝負している感じがあります。全曲アレンジは山中だし、オーソドックスではないけれど、今の先端のジャズで演奏していることは間違いないと思います。少し聴く人を選ぶかも。(17年6月21日発売)

« スイングしなけりゃ意味ないね/マンハッタン・ジャズ・クインテット | トップページ | ジェリ・アレンの訃報 »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/65468351

この記事へのトラックバック一覧です: モンク・スタディーズ/山中千尋:

« スイングしなけりゃ意味ないね/マンハッタン・ジャズ・クインテット | トップページ | ジェリ・アレンの訃報 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト