私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Beyond Now/Donny McCaslin | トップページ | ホームページ初期からの音楽サイト(ブログ)の功罪 »

2017/05/19

Planetary Prince/Cameron Graves

Cameronplanet
実はこのアルバム、先日ある知り合いからいいですよ、と勧められ、CDを注文してました。他の方のおススメで購入することは多くないのですが。4日には届いていたのですが、連休中、連休後のバタバタと、聴くのに体力を要するので、結局手持ちの一番最後になってしまいました。いや~、いいですねこれ。いわゆる最前線のミュージシャンってあまり私は手を広げてないのですけど、ドラムスやベースのメンバーで即決みたいなところがありました。でも、本当に聴くのに体力がいります。音数的に、最初から最後まで長時間の上に、かなり多めのサウンドが続く場面が多いですから。でもそれが逆に発散できていいのかな、と思います。若いのにいいピアニスト(というかアルバム)でした。


Planetary Prince/Cameron Graves(P, Vo)(Mach Avenue Records)(輸入盤) - Released 2017. Ronald Bruner, Jr.(Ds), Stephen "Thundercat" Bruner(B on 5, 7), Phlip Dizack(Tp), Hadrien Feraud(B on 1-4, 6, 8), Ryan Porter(Tb), Kamasi Washington(Ts) - 1. Satania Our Solar System 2. Planetary Prince 3. El Diablo 4. Adam & Eve 5. The End Of Corporatism 6. Andoromeda 7. Isle Of Love 8. The Lucifer Rebellion

(17/05/18)全曲の作曲とアレンジをCameron Gravesが手掛け、メンバーもなかなか強力。ピアノははっきりしていて、なおかつアグレッシヴ。好みのピアニスト。曲の元はそんなに複雑ではなさそうな部分もあるけど、それを現代ジャズに仕立て上げているところは見事。曲により2人のベーシストを使い分け(特にアドリアン・フェローは好き)、ドラマーはドナルド・ブルーナーJrということで、ピアノだけではなくて、リズム陣もけっこう聴きごたえがあります。そして3人の管楽器奏者。1曲目からけっこう飛ばしている重量級ファンク・ジャズで、78分間聴くのに体力がいりますが、こういう音楽を聴くのも心地よいです。これぞ現代ジャズという感じでも、ストレートなファンクにもとらえることができて、音漬けのまま最後まで突っ切ります。

« Beyond Now/Donny McCaslin | トップページ | ホームページ初期からの音楽サイト(ブログ)の功罪 »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/65295505

この記事へのトラックバック一覧です: Planetary Prince/Cameron Graves:

« Beyond Now/Donny McCaslin | トップページ | ホームページ初期からの音楽サイト(ブログ)の功罪 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト