私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« そう言えば、スマートフォンへの対応(今さらながら意識) | トップページ | 新卒から就職して数年のことを思い出した »

2017/04/27

仮音源-Demo-/仮バンド

Karibandkari
BABYMETALのバックバンドとしての経歴がなかったら、もしかしてこのアルバムが世に出なかったかもと考えると、感慨深いものがあります。BABYMETALではバックバンドのメンバーはそれぞれのスケジュールの都合上、入れ替わりで登場しますけど、今のレッチリUSツアーの前座として、この3人は行っているかと。まあ、世に出ないだけで、実はテクニカルなセッションミュージシャンはもっと大勢いて、どなたも素晴らしいですが、とりあえず、BABYMETALのファンの方にこのアルバム、聴いてほしいかなあ、と思います。よくジャズの方面からメイトさんになる人、という表現を見ますけど、その逆もありかなと。まあ、それがジャズ・フュージョンでもロックでもファンクでもいいんですけど。バックの人たちが、固定メンバーではなくて、あくまでもセッションミュージシャンでいる方を選んでいる理由も、これを聴いて分かるかと思いますし。次回作も期待してます。

(追記)アルバムの3人それぞれの曲解説が興味深いので、これはCDの実物で見てみることをお勧めします。ちゃんと日本語、英語併記になっているところが面白いし。


仮音源-Demo-/仮バンド(Bellwood) - Released 2017. Mikio Fujioka(G, Prog), BOH(B), Yuya Maeta(Ds), Additional Musicians: Yoshihiro Tsujimoto(Sax on 1), Yuya Tanase(Tb on 1), Yosuke Kobayashi(Tp on 1), Yatsuya Nishiwaki(Key on 2), ISAO(G on 4) Ai Kuwabara(P on 5) - 1. Common TIme's Logic 2. Chuku 3. 忍者Groove 4. Djentleman 5. Jamrika 6. Snowflakes

全曲仮バンドの作曲。おなじみBABYMETALのバックバンド(バックでは入れ替えもありますが)、での、テクニカルかつフュージョンとロックとファンクとが合わさった、変拍子バシバシ、ソロバシバシ、時にユニゾンもありの、ビックリするぐらいのミニアルバム。変拍子、時にユニゾンの哀愁の混ざるメロディがまた印象的な1曲目、8分の13拍子だそうですが、けっこう自然に聴こえている2曲目、まさに忍者のグルーヴで、ベースのタッピングが面白い効果を生み出す3曲目、怒涛の高難度メタルという感じの高速サウンドで、なかなかカッコ良い4曲目、超高速5拍子の1発録りだそうで、ゲストのピアノもスゴいし、相当テクがないとできないなあと思う5曲目、静と動があって、解説では「実は変」なんだけどきれいな印象の6曲目。(17年4月26日発売)

« そう言えば、スマートフォンへの対応(今さらながら意識) | トップページ | 新卒から就職して数年のことを思い出した »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

ロック・ポップス」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
最近、ISAOさんのライブによく行くのですが、その流れで
SNSのお友だちから勧められて購入しました。
あまり詳しく書くとネタバレの感もあるので避けますが、
いい意味で裏切られたというか、彼らの音楽的バックボーンの深さに
あらためて興味をもった次第です。

>奇天烈音楽士さん

コメントどうもありがとうございます。

このアルバム、私はどんな曲か書いてしまいましたが、それでも、たぶん実際の音を聴くまでは、想像できないんじゃないかと思います。けっこう面白いと思いました。BOHさんがツイッターで、それでも俺たちはセッションミュージシャンの道を行く的なことを書いてたので、うれしくなってしまいました。

「Baby Metal好きのジャズファンってのが、周囲に少なからずいるようなのだが、」
と、自blogで書きましたが、CD聴きの会1次会の店の店主もファンでしてw

と言う意味でも、ジャズファンの琴線に触れる何かってのを探りたかったのですが..。
この盤を聴いて、なんとなくは判った気もしますが.. はてさて (^^;; 

6/10の新譜会(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63211690.html)のどっかでかけようかと思ってます。w

コメント内トラバありがとうございます。同様逆トラバさせていただきます。
https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64135838.html

>oza。さん

コメントどうもありがとうございます。

このアルバム、やはりインプロ中心なのでYouTubeに多く出回っている、既成曲のカヴァーの方が聴きやすいし、どんなバンドか分かりやすいかもですね。また、これを聴く前にまずBABYMETALを聴け、なんて人もいるようですけど、それは全くジャズ・フュージョン路線から離れてしまうので、個人的にはそこまではおススメはしていないです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/65204304

この記事へのトラックバック一覧です: 仮音源-Demo-/仮バンド:

« そう言えば、スマートフォンへの対応(今さらながら意識) | トップページ | 新卒から就職して数年のことを思い出した »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト