私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« 今日の長男との楽器談やり取りその他 | トップページ | X-Bar Trio/Makoto Kuriya »

2017/02/27

The Baltimore Syndicate

Baltimore
紙ジャケ初期の20世紀末ごろの時代はそれに伴いリマスターが紙ジャケで出たので、また音質の変化が分かりやすかったので、けっこう買った記憶があります。が、すぐに飽きて、その後はリマスターになったからといって買い増しや買い替えはほとんどしていないです。KENSOのBOXぐらいかな? 昨日たまたま川崎のタワーレコードへ寄る時間があったので、眺めているうちにクリヤ・マコトの初期作品群がリマスター廉価盤で何枚か発売されているのを発見。自分の日本の現代ジャズ(当時)の原点的な意味合いもあるので、とりあえずそこにあった3枚を購入して、足りない1枚は通販で注文しています。今回は買い増しですかね。久しぶりに聴いてみました。


The Baltimore Syndicate(Paddle Wheel) - Recorded November 8-9, 1989. Alex Norris(Tp), Steve Wilson(Ss, As), Gary Thomas(Ts, Fl), Makoto Kuriya(P), Dave Pellow(B), Billy Drummond(Ds) - 1. A Colored Fluctuation 2. Sala Uno 3. Horizon Of West Virginia 4. Siamese Floating Castle 5. You Don't Know What Love Is 6. Triclinium Suite 7. Everything Happens To Me

リーダーはクリヤ・マコトで、実質的には彼のリーダー作。彼のオリジナルが7曲中5曲を占めています。非常に複雑で知的な曲が多いのが特色。それをやってのけるミュージシャンのプレイも圧巻です。3管フロントですが、個人的にはゲイリー・トーマスの参加に注目。1曲目でいきなりパワー全開。2曲目も不思議で心地よいのですが、細かくは分析不能。楽譜にすると難しそうだけど非常に美しい3曲目、目まぐるしいコード進行の4曲目。6曲目の邦題は「三層構造組曲」。メロディーだけで6ページの組曲だそうです。スゴい。 聴いていると以外にすんなり耳に入ってきます。5、7曲目のスタンダードでホッと一息、と思ったら時々押し寄せてくるソロのフレーズで耳が離せません。ゲイリー・トーマスは5曲目が特に渋い。 (15年12月9日発売)

« 今日の長男との楽器談やり取りその他 | トップページ | X-Bar Trio/Makoto Kuriya »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/64945288

この記事へのトラックバック一覧です: The Baltimore Syndicate:

« 今日の長男との楽器談やり取りその他 | トップページ | X-Bar Trio/Makoto Kuriya »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト