私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Turning Point/Kevin Eubanks | トップページ | CIDER -Hard & Sweet-/川口千里 »

2016/12/23

That's Funky/Benny Golson Funky Quintet

Bennythats
マーヴィン・”スミッティ”・スミス参加作過去盤聴き11日目にして最終日で、M-BASEの私のホームページで特集しているミュージシャンの、中断しながら17年かかって、やっと終わりました。最初はM-BASEのミュージシャンを中心にやっていったのですが、途中でECMに時間がかかり、そのうち他の特集ミュージシャンもと、断続的なのに手を広げてしまったために時間がかかってしまいました。今日のアルバムは’94年録音の日本制作盤ですね。この後、’96年初頭頃でスミッティはぷつっと録音がなくなります。TVにレギュラー出演するのが忙しくなったと聞いています。あれほどあちこちに顔を出していたのに。それも人生ですね。


That's Funky/Benny Golson(Ts) Funky Quintet(Meldac) - Recorded November 22-23, 1994. Nat Adderley(Tp), Monty Alexandar(P), Ray Drummond(B), Marvin "Smitty" Smith(Ds) - 1.Moanin' 2. The Sidewinder 3. Mississippi Windows 4. Work Song 5. Mack The Knife 6. Moritat 7. Blues Match

日本企画のファンキーの特集アルバム。ベニー・ゴルソン作が3、7曲目、ナット・アダレイ作の4曲目、ボビー・ティモンズ作の1曲目、リー・モーガン作の2曲目、クルト・ワイル作の5-6曲目(同じ曲のアレンジ違い)と、ドラムスの面白さという点ではファンキーは今一つかもですが、有名な曲も多く、全体の完成度は高いので、聴いていて楽しい。5人のメンバーの取り合わせも興味深いものがあります。新曲は3曲目のみとのこと。正攻法のファンキーなので、黒っぽくて、これぞジャズという感じのメロディやソロを楽しむにはいいアルバムかも。この時代はまだ黄金期に活躍したミュージシャンを多く聴けました。ジャケットにも「featuring Nat Adderley」と書いてありますし。クルト・ワイルの曲もファンキーになっているのは面白い。

« Turning Point/Kevin Eubanks | トップページ | CIDER -Hard & Sweet-/川口千里 »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/64641356

この記事へのトラックバック一覧です: That's Funky/Benny Golson Funky Quintet:

« Turning Point/Kevin Eubanks | トップページ | CIDER -Hard & Sweet-/川口千里 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト