私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Meredith Monk/On Behalf Of Nature | トップページ | New Heritage Of Real Heavy Metal II/NHORHM »

2016/12/09

アコースティック・ウェザー・リポート/クリヤ・マコト/納浩一/則竹裕之

Kuriyaacoustic
12月は購入CD数が少ないのですが、国内盤が3枚、出てくると思います。まずはこの「アコースティック・ウェザー・リポート」から。このアルバム、11月30日の発売だったのが、28日に(ショップに入荷した頃でしょうか)、AmazonからCDの収録曲順と印刷の順番が違っていると連絡が来て、再制作するとのことで入手できたのは7日のことでした。それよりだいぶ早く出回っていたものは、その間違った盤かもしれないので、要注意です。さすが、クリヤ・マコトがメインになってアレンジした曲なので、けっこう洗練されていて、それでいてやや複雑な譜面を想像してしまいます。SACDとのハイブリッドなので、音質もいいんじゃないかな。ウェザー・リポートがこういう風に聴けるとは思わなかったなあ。


アコースティック・ウェザー・リポート/クリヤ・マコト(P)/納浩一(B)/則竹裕之(Ds)(Sony Music Labels)
Acoustic Weather Report/Makoto Kuriya(P), Koichi Osamu(B), Hiroyuki Noritake(Ds)(Sony Music Labels) - Recorded June 2 and 13, 2016. - 1. Cannon Ball 2. Elegant People 3. Havona 4. A Remark You Made 5. Palladium 6. Teen Town 7. Young And Fine 8. Birdland Bonus Track: 9. View The World

9曲目のボーナス・トラックのみクリヤ・マコトの作曲(TVのテーマ曲)で、あとはウェザー・リポートの曲がズラリ。作曲はジョー・ザヴィヌル(1、4、7-8曲目)、ウェイン・ショーター(2、5曲目)、ジャコ・パストリアス(3、6曲目)の曲に固まっています。テーマなどメロディ的なインパクトも大きいのですが、あえてアコースティック・トリオで演奏して、エレクトリックもパーカッションもなしというのが、面白いアイデアというか冒険的というか。1曲目では、アップテンポのモーダルな進行の部分もあって、しかもドラマチックな展開で、なかなか凝っています。アレンジは3人ないし2人でやっている曲もありますが、メインはクリヤ・マコトで、彼らしい曲に仕上がってます。やや複雑だけど洗練されてカッコいいウェザー・リポートの曲が聴けます。(16年11月30日発売)

« Meredith Monk/On Behalf Of Nature | トップページ | New Heritage Of Real Heavy Metal II/NHORHM »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/64602887

この記事へのトラックバック一覧です: アコースティック・ウェザー・リポート/クリヤ・マコト/納浩一/則竹裕之:

« Meredith Monk/On Behalf Of Nature | トップページ | New Heritage Of Real Heavy Metal II/NHORHM »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト