私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« New York Second Line/Terence Blanchard & Donald Harrison Quintet | トップページ | Back To The City/The Art Farmer/Benny Golson Jazztet »

2016/12/14

Manhattan Projections

Andymanhattan
マーヴィン・”スミッティ”・スミスの参加作過去盤聴き2日目。この後すぐにデイヴ・ホランド・バンドやスティーヴ・コールマンのグループに参加して、何枚も参加作を残しているのですが、このあたりアルバムコメントを直してしまっているので、これから紹介する彼の参加作は4ビート系が多くなってます。ここでのリーダー、アンディ・ジャフェという人はこのアルバム以外で聴いたことがないとは思うのですけど、今久しぶりに聴いてもどのオリジナルの曲もテーマのメロディを覚えています。メロディ・メイカーだったんですね。M-BASE関連のミュージシャンのアルバムコメントはホームページ初期に書いたのが多いため、恥ずかしいので、どんどん直していきたいですね。


Manhattan Projections(Break Time) - Recorded January 24, 1984. Wallace Roney(Tp), Branford Mardsalis(Ts), Andy Jaffe(P), Ed Jackson(As), Tom Olin(Piccolo, Bs), Lou Harles(B), Marvin "Smitty" Smith(Ds) - 1. Manhattan Projection 2. Samba De Saudade 3. Dersu 4. So You May 5. Blues For Cannonball Adderly 6. The Scorpion

リーダーはアンディ・ジャフェ(元音楽大学教授)で、教え子だった人たちとのセッション。全曲彼の作曲。ウォレス・ルーニーやブランフォード・マルサリスら、今では有名な顔ぶれ(当時は新人)も。基本はオーソドックスなサウンドだけど、どの曲もメロディアスで印象的。メロディがなかなか温かくて今でもテーマを覚えている、4ビートのメインストリームな1曲目、アップテンポでマイナーのサンバで、最後のドラムソロ的な部分が割と印象的な2曲目、ややゆったりとした、ちょっと淡い感じのするサウンドの3曲目、5拍子のメロディがこれまた印象的でドラムソロがカッコいい4曲目、ややマイナーでスローな曲ですが、メロディと管のハーモニーがなかなか味わい深い5曲目、サンバ的でもあり、アップテンポで進む曲が爽快な6曲目。

« New York Second Line/Terence Blanchard & Donald Harrison Quintet | トップページ | Back To The City/The Art Farmer/Benny Golson Jazztet »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/64620677

この記事へのトラックバック一覧です: Manhattan Projections:

« New York Second Line/Terence Blanchard & Donald Harrison Quintet | トップページ | Back To The City/The Art Farmer/Benny Golson Jazztet »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト