私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« エアコンの交換 | トップページ | スーパースワンのスピーカーユニットの変更 »

2016/11/09

Rising Grace/Wolfgang Muthspiel

2515
ECMの新譜が1枚届いたので、聴きました。このアルバム入手を早くしようと思って注文替えをした結果、順番が遅れて第1弾では入荷せず、あちこち探して、結局また注文替えをして、当初より高い買い物になってしまったものです。やはり注文したらあとは腰を落ち着けておいた方がいいですね。さて、このアルバム、メンバーがスゴいですけど、ECM的なスゴい、という感じでしょうか。メンバーだけで普通にジャズを想定して音を聴くと、ちょっと肩透かしをくうと思います。でもECMとしては、やっぱりこういう音を出してほしかった、と思えるようなサウンドです。熱くはならないけれども、味わいのある、やや綾織り系の音、とでもいうのでしょうか。


Rising Grace/Wolfgang Muthspiel(G)(ECM 2515)(輸入盤) - Recorded January 2016. Ambrose Akinmusire(Tp), Brad Mehldau(P), Larry Grenadier(B), Brian Blade(Ds) - 1. Rising Grace 2. Intensive Care 3. Triad Song 4. Father And Sun 5. Wolfgang's Waltz 6. Superonny 7. Boogaloo 8. Den Wheeler, Den Kenny 9. Ending Music 10. Oak

(16/11/08)5曲目がブラッド・メルドー作で、他は全曲Wolfgang Muthspiel作曲。ECM2作目で、今回はピアノとトランペットも加わっています。スゴいメンバー。ECMらしい、穏やかでミステリアスな曲が多いです。エキゾチックな変拍子で緩やかに進んでいく1曲目、アコースティック・ギターで語り掛けるような2曲目、8ビートの上をギター他が舞うように演奏される3曲目、やはりミステリアスな8ビートでやや盛り上がる4曲目、迷彩色的なサウンドの中をメロディアスに楽器が歌う5曲目、浮遊感のある自由なサウンドの中を漂う6曲目、ややトンガリ気味のメロディとサウンドの7曲目、乾いて広大なゆったりとした中を語っていくような8曲目、ゆるい8ビート系で明るさが見えている9曲目、落ち着いたややフォークサウンド的な10曲目。

« エアコンの交換 | トップページ | スーパースワンのスピーカーユニットの変更 »

ECM2500-2550番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

工藤さん,続けてこんばんは。

これを聞いて,私は昔のECMのセッション的なアルバム群を思い出していました。自分の記事にも書きましたが,Ambrose AkinmusireがKenny Wheelerのように思えてなりませんでした。

一般的な観点からはイメージと異なるサウンドかもしれませんが,極めてECM的なものを感じていた私です。

ということで,TBさせて頂きます。

>中年音楽狂さん

TBどうもありがとうございます。

確かに往年のECMサウンドを想像してしまうようなアルバムでした。編成も割とオーソドックスなクインテットでしたし、それでいてこのメンバーでECM的な世界を演出しているのは、やはりスゴいです。

トラバをありがとうございます。

私もこのアルバムはかなり気に入ってます。
素晴らしいオールスターのメンバーですが、ECMなのでそれぞれのリーダー作とは違う部分があって然り、って、感じですよね。
でも、このくらいの熱さだと、普通のジャズを聴いている人たちにも受け入れやすいとおもいます。

>Suzuckさん

TBどうもありがとうございます。

入手が遅れたけど、とことん待つより早く入手して聴きたかったアルバムでした。結果大正解。やっぱり大物ばかりの演奏するECMアルバムって、多少抑制された部分もあるせいか、それが逆にプラスになっている、って感じでしょうか。今、売れてますね。

新譜は高価なので、いつも後発注なのですが、これはDL音源。高分解能が$17だったので、それはそれで満足。欧州のサイトdす。
内容は、最近のアヴァンギャルドへの傾斜からすると、スパイスが足りなくて物足りない。
だけど、しっかりド真ん中のECMですね。ECMにしては、案外、温度高めので柔らかい音色なので驚きました。それが面白かったです。

http://kanazawajazzdays.hatenablog.com/entry/2016/11/13/130724

>kenさん

コメントどうもありがとうございます。

確かにECM直球ど真ん中って言う感じのサウンドですね。自分はフリーかそうでないかにはあまりこだわらなくて、むしろメンバーにひかれて、って思うので、このアルバムはけっこう良かったです。

事前情報でのこの豪華なメンツにも驚きましたが、内容も素晴らしい。
ECMらしさをしっかり感じさせながら、、あまり重くなり過ぎず、さりとて軽過ぎるわけでもない。 軽く聴き始めても、結局じっくり聴ことになっていましたw


TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

>oza。さん

TBどうもありがとうございます。

メンバーはECMばかりに録音しているバックではないですけど、このメンバーが出すECM的なサウンドっていいですよね。やっぱり他のミュージシャンではこういう感じにはならないなあ、と想像します。聴きごたえがありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/64464288

この記事へのトラックバック一覧です: Rising Grace/Wolfgang Muthspiel:

» 豪華メンツによるWolfgang Muthspielの新作はECM先祖がえりのようなサウンド。 [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
Rising Grace Wolfgang Muthspiel (ECM) Brad Mehldauの追っかけをしている私が,このアルバムのリリースを知った時は,久々のECMレーベル作品への参加に加え [続きを読む]

» Rising Grace / Wolfgang Muthspiel  [My Secret Room]
唐突に、、冬になりました。。(T_T) オーストリアのギターリスト、ウォルフガン [続きを読む]

» Rising Grace Wolfgang Muthspiel [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
Wolfgang MuthspielのECMからの2~3作めです。   Driftwood (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62702978.html)   Travel Guide (https://www.amazon.co.jp/dp/B00CE27F5U/) ... [続きを読む]

« エアコンの交換 | トップページ | スーパースワンのスピーカーユニットの変更 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト