私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Buena Vista/川口千里 | トップページ | エアコンの交換 »

2016/11/06

トリック・オア・トリート/KIYO*SEN

Kiyosentrick
最近は国内盤を発売日に買うことが減ってきて、国内盤が品切れになかなかならないこともありますけど、半年経過後の割引を狙ったり、クーポンやポイントのゲットを狙ったりしています。このアルバムも9月初旬の発売でした。個人的には川口千里ねらいの1枚なんですが、基本女性2人のデュオにしては内容がずいぶんハードコアで濃く、このデュオ3枚目でもまだまだマンネリ化せずに楽しめます。どのぐらい濃いかは聴いてみてください、としか言えないのですけど、まあ、スゴいです。ラストの曲がギターも入って渋めだったですが、あとの曲はどれもパワフルな感じでした。聴くのに体力がいります(笑)。


トリック・オア・トリート/KIYO*SEN(VEGA Music Entertainment)
Trick Or Treat/KIYO*SEN(VEGA Music Entertainment) - Recorded April 29 and 30, 2016. Kiyomi Otaka(Org, Key, Prog), Senri Kawaguchi(Ds), Special Guest: David Hughes(B on 2-4), Koichi Yabori(G on 7, 9), Duke Sarashina(B on 5) - 1. Eternal Ability 2. Mood 68 3. Haphazardiy 4. Adventure 5. 5 Meters High 6. Violet Shoes 7. 2B Out Break 8. 0402 9. Haphazardiy_Reprize

矢堀孝一作が5曲目、川口千里作が3(矢堀孝一との合作)、9曲目、他は大高清美作(6曲目のみ菅沼孝三との合作)。オルガンでのフュージョン・ファンクの世界も深度を増してきて、なかなか面白いサウンドになっています。基本はデュオでの演奏で、ベース音はオルガンのフット・ペダル(orシンセ・ベース)の時と、曲によってベーシスト、ギタリストが加わる時もありますが、曲自体が変化に富んでいてちょっとハードコア。1曲目は5拍子系変拍子が加わって、プログレ的な要素も持ってます。デュオそれぞれが手数足数が多いので、なかなかスリルがあります。2曲目はベーシストに低音をまかせて、キーボードでハードな演奏。時々ストップがかかるなかなかハードコアな3曲目など、けっこうパワフルな曲が多くて、楽しめます。(16年9月2日発売)

« Buena Vista/川口千里 | トップページ | エアコンの交換 »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/64450599

この記事へのトラックバック一覧です: トリック・オア・トリート/KIYO*SEN:

« Buena Vista/川口千里 | トップページ | エアコンの交換 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メールアドレス

友人が運営しているサイト