私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« ホームページの手直しはあと806枚だけど | トップページ | The ECM Recordings/Steve Reich »

2016/10/12

部屋の蛍光灯をLED灯に替える

161011led
22年前(’94年)に母親と自分たちの家族が同居する家を建て替えたのだけど、その時には電源を多く設置するなど、いろいろ考えて建てました。でも当時はまだパソコンも普及する前のこと、LANの配線が壁の中にあるわけでもなければ(やっと最近無線LANが家の中全体をカバーするようになりましたが)、光ファイバーも当然なし。蛍光灯って、このまま自分の生きているうちは、蛍光管を交換しながら使い続けるものと当時は思い込んでいました。

LEDのランプがここ数年で急速に普及しだしているので、実は昨年4月に、家のインターフォンを入れ替えた時に電器屋さんに、蛍光灯をLED灯に替えないかと勧められていたのですが、その時はまだ蛍光管が残っていたため、返事を保留してました。そうこうしているうちに、今年年初の次男の受験直前になって、次男の部屋と他の部屋で、蛍光管ではなくて蛍光灯本体がダメになってしまったため、2部屋分だけは先にLED灯に取り替えています。もうこの時は電器屋さんでは蛍光灯はなく、LED灯しか展示されてなかったんですよね。

昨日取り替えたのは、家の中で一番面積の大きい部屋の事務所の部分。部屋の隅にオーディオが置いてあって、これでブログのアップのCDを聴いているため、絨毯を取り換えた時のように、ブログアップにある程度影響が出るんじゃないかとも思いますけれども。蛍光灯は業務用の長い40Wx2本のものが、部屋の中に6か所ついていて、それの全部交換だったので、費用的には1階の1年分の電気代よりやや多くかかりました。初期投資は大きいですね。ただ蛍光灯部分では、切り替えたことにより、消費電力が約3分の1になって、基本的にはLED灯が10年持つので、寿命約1年の蛍光管の交換費用もいらなくなるとのことで、将来的な費用の節約になるとのことです。短期間で寿命が来てしまったら、無料で交換するとも言われました。まあ、調べると、LED灯の経年劣化の問題とか、光の青色成分が目や体に悪いという説もありますけれども、これは発光機器に詳しい方に聴いたら、健康の方はとりあえずは都市伝説っぽいようなので、今回交換に至りました。いっぺんに全部取り換える家もあるとのことですが、他の場所は、本体がダメになるか、蛍光管自体が品切れになってから順次、って感じでしょうね。

(追記)今頃の秋の時期は、蛍光管の熱で、部屋がほんのりと暖かくなっていたのだけど、LED灯は熱を発しないため、そのほんのり感が少なくなってしまいましたね。今はちょっと残念だけど、その分真夏は楽かな。

(11月9日さらに追記)今日、電気の検針がありましたが、1階部分、前年同月比で、30%節電になりました。ここで大きく電気を食うのはエアコンとライトなのですが、LEDに交換は前回の検針4日後、エアコンは一昨日の交換ですけど、ちょうど一番エアコンをつけない時期だったので、ライトでの比較がしやすい月です。

« ホームページの手直しはあと806枚だけど | トップページ | The ECM Recordings/Steve Reich »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/64337546

この記事へのトラックバック一覧です: 部屋の蛍光灯をLED灯に替える:

« ホームページの手直しはあと806枚だけど | トップページ | The ECM Recordings/Steve Reich »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト