私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« BABYMETALに、今なぜかハマる | トップページ | Sarabande/Fred Hersch »

2016/08/02

Convergence/Warren Wolf

Warrenconver
新譜が(もう一つは再発だけど)2枚あるので聴いていきたいと思います。Warren Wolfのリーダー作は、これが聴くのがはじめてで、クリスチャン・マクブライド参加作で聴いたことがあります。ヴァイブラフォン、マリンバ、フェンダーローズ、ピアノといろいろ弾ける人で、曲ごとに編成を変えたりして変化を持たせています。10-11曲目あたりは、音数からすると、ヴァイブラフォンとマリンバの多重録音じゃないかなと思いますが、とりあえずコメントのところにはトリオ、ソロ、というように書いておきました。実はジョン・スコフィールドやブラッド・メルドーが参加していなかったら、スルーしていたかもしれないアルバムではあります。


Convergence/Warren Wolf(Vib, Marimba on 5-6, 9-11, Key on 2, 9, P on 9)(Mack Avenue)(輸入盤) - Released 2016. Christian McBride(B on 1-3, 5-10), Brad Mehldau(P on 1-2, 4-5, 7), John Scofield(G on 1, 7) Jeff "Tain" Watts(Ds on 1-2, 5-10) - 1. Soul Sister 2. Four Stars From Heaven 3. King Of Two Fives 4. New Beginning 5. Cell Phone 6. Montara 7. Havoc 8. Tergiversation 9. Knocks Me Off Of My Feet 10. A Prayer For The Christian Man 11. Stardust/The Minute Waltz

(16/07/31)4、6、8-9、11曲目以外はウォーレン・ウルフの作曲。黒っぽいけどちょっと淡いジャズ。ジョン・スコフィールドとブラッド・メルドーの参加がうれしく、彼らが入ると、ソロなどもうその色にしまってしまう。1曲目のギターもそう。2曲目は出だしがドラマチックな11分もの曲で聴きごたえがありますが、メルドー節が聴けるかと。軽快な4ビートでのベースとのデュオの3曲目、ピアノとのデュオで渋いバラードの4曲目、アップテンポの4ビートで、カッコいいノリの5曲目、トリオでの8ビートの渋い6曲目、テーマのメカニカルなアプローチがいいジョン・スコ参加の7曲目、トリオでアップテンポの4ビートの8曲目、メロディアスな8ビートの、多重録音をしている9曲目、トリオで渋めのバラードの10曲目、ソロで締めくくる11曲目。

« BABYMETALに、今なぜかハマる | トップページ | Sarabande/Fred Hersch »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こちらからもTBさせていただきます。
本作は、これはこれで悪くはないですが、ウルフの本質を聴くのならば、むしろ師匠のマルグリュー・ミラーと共演している初期作品「Warren Wolf/Incredible Jazz Vibes」「Warren Wolf/Black Wolf」の方かなと思います。
アメリカでのデビュー盤はたぶん2011年の「Warren Wolf / Warren Wolf」だと思うけど、その前に2枚のアルバムを作っているM&Iのプロデュース能力は恐るべしです。

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

今まで参加作を2枚(クリスチャン・マクブライドのリーダー作)聴いただけだったので、今回聴いて、やっぱりこんな感想になってしまいましたが、初期作品がすごいとなると、興味が出てきました。いずれ機会があれば聴いてみたいと思います。

工藤さん,こんばんは。TBありがとうございます。

Brad Mehldauのコンプリートを目指す私は,彼の参加ゆえの購入となりましたが,Mehldauに限らず,このメンツならではの強力さはあまり感じないアルバムでした。水準は満たしていると思いますが,やっぱりもう少し上を期待してしまうメンツですよね。

まぁ,悪くはないですが...(笑)。「子犬のワルツ」は"The Minute Waltz"って言うのかってのが新たな発見でした(爆)。

ということで,こちらからもTBさせて頂きます。

>中年音楽狂さん

TBどうもありがとうございます。っと、TBがスパムの方にも入ってないようなので、お手数ですがもう一度お願いできれば幸いです。

私もジョン・スコとメルドーがいなかったら、素通りしていたかもしれません。ここまでフィーチャーしているなら、と、もっと欲張りになってしまいます。悪くはないな、というのは同じような感想です。

私も、メンツ買い以外のなにものでもありません。

自blogのコメントも普通に絶賛していますが、それ以上でもないのは、これだけのメンツでありながら化学反応を起こしていないことを感じ取っていたかと、今更ながら(汗)
これはこれで、充分満足できる演奏だとは思うんですけど... (大汗)

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

>oza。さん

TBどうもありがとうございます。

いいアルバムではあるんだけど、というのは私も持っている感想で、やはり高望みなのか、分かりませんけど、もっとやってくれるはず、というよりは、ジョン・スコとメルドーの使い方がもう少しうまければ、なんてことを思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/63992559

この記事へのトラックバック一覧です: Convergence/Warren Wolf:

» Warren Wolf / Convergence [Jazz & Drummer]
Warren Wolf (Vib, Marinba, Rhodes, P)Christian McBride (B)1,2,3,5,6,7,8,9,10Brad Mehldau (P)1,2,4,5,7John Scofield (G)1,7Jeff "Tain" Watts (Ds)1,2,5,6,7,8,9,10Rec. 2015?, NY(Mack Avenue Records MAC1105)大好きなウォーレン・ウルフの新譜 ... [続きを読む]

» Brad Mehldauも参加した結構豪華なメンツによるWarren Wolfの新作 [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
Convergence Warren Wolf(Mack Avenue) 先日,DownBeatの最新号のレビューの記事を眺めていたら,おぉっ,Brad Mehldau入りではないかということで,早速 [続きを読む]

» Convergence Warren Wolf [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
Warren Wolfは、自blogを漁ってもMike Morenoのアルバムに参加しているのが見つかる程度   Another Way (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/61304962.html) と、ほとんど聴いているとは言えないが、この盤は見逃せませんでした。 このメンツは豪華過ぎます。どんな音が出てくるか期待感たっぷり。それでいてどんな音でも満足度が低いことは考えられません。 これを聴かずしてなにを聴くか?というくらい。 かくいうメンツ..... [続きを読む]

« BABYMETALに、今なぜかハマる | トップページ | Sarabande/Fred Hersch »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト