私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Toys/Uri Caine | トップページ | Murder In The Worst Degree/Gary Thomas Overkill »

2016/07/23

Winter Truce (And Homes Blaze)/Django Bates

078django
Winter Truce (And Homes Blaze)/Django Bates(P)(Bamboo) - Recorded February 1,2 and 6-9, 1995. Julian Arguelles(Bs, Ss), Iain Ballamy(Ss, As, Ts), Chris Batchelor(Tp), Roland Bates(Tb), Steve Buckley(Ss, As), Martin France(Ds, Per), Sid Gauld(Tp), Stuart Hall(G, Vln, Banjo), Richard Henry(Btb), Sarah Homer(Cl, Bcl), Dave Laurence(French Horn), Mark Lockheart(Ts, Cl), Michael Mondesir(B), Eddie Parker(Fl, Bfl), Barak Schmool(Ts, Piccolo Fl), Christine Tobin(Vo), Sarah Waterhouse(Tuba) - 1. You Can't Have Everything 2. The Lonelyness Of Being Right 3. ...And A Golden Pear 4. New York, New York 5. Early Bloomer 6. X=Thingys x3/MF 7. Fox Across The Road 8. Powder Room Collapse 9. Kookaburra Laughed 10. You Can't Have Everything (Reprise) (Winter&Winter JMT Edition だと 078)

大編成のブラス・セクションを加えた曲と小編成のバンドの曲とがあります。ほとんどがジャンゴ・ベイツのオリジナルで、アレンジが独創的。いわゆるコーラスの歌で途中がファンクになる1曲目、不思議な浮遊感覚を持つアグレッシヴなビッグ・バンド・ジャズと語りが印象的な2曲目、ネアカ変拍子ラテン・ファンクの3曲目、非常にアヴァンギャルドな映画音楽の4曲目、ゆったりしたオーケストレーションの小品の5曲目、ドラミングもビッグ・バンドの演奏もスゴい6曲目、タイトル通り狐につままれたような緩急自在な展開の11分台の7曲目、バンド全体で飛んだり跳ねたりしているような印象の8曲目、ゆったりとしたメロディアスなバラードの9曲目。そして1曲目の別テイク(別アレンジ)がラスト10曲目に再びあらわれます。

« Toys/Uri Caine | トップページ | Murder In The Worst Degree/Gary Thomas Overkill »

JMTレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/63927608

この記事へのトラックバック一覧です: Winter Truce (And Homes Blaze)/Django Bates:

« Toys/Uri Caine | トップページ | Murder In The Worst Degree/Gary Thomas Overkill »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト