私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« 私的2016年上半期ベスト3 | トップページ | Exiles Gate/Gary Thomas »

2016/07/02

Upward Spiral/Branford Marsalis Quartet Special Guest Kurt Elling

Branfordupward
新譜聴きも今日で一段落。とは言うものの、まだ手元に6枚あるので、来週には復活させたいところです。その後は当分新譜が来るのはだいぶ減るとは思いますが。今日のアルバムは、ブランフォード・マルサリスの歌伴アルバム。彼は以前、スティングのバンドにいたこともあるので、歌伴自体は慣れていると思います。このアルバムの12曲、趣向を凝らしていろいろ変化をつけ、それにサックやピアノが絡んだり間奏などで盛り上がったり流れるように進んだりと、飽きさせません。ヴォーカルアルバムって、普段はあまり買わないんですけどね。ブランフォードのバンドで演奏したってことに、やっぱり意義があると思います。


Upward Spiral/Branford Marsalis(Sax) Quartet Special Guest Kurt Elling(Vo)(Marsalis Music)(輸入盤) - Recorded December 16-19, 2015. Joey Calderazzo(P), Eric Revis(B), Justin Faukner(Ds) - 1. There's A Boat Dat's Leavin' Soon For New York 2. Blue Gardenia 3. From One Island To Another 4. Practical Arrangement 5. Doxy 6. I'm A Fool To Want You 7. Wast Virginia Rose 8. So Tinha De Ser Com Voce 9. Momma Said 10. Cassandra Song 11. Blue Velvet 12. The Return (Upward Spiral)

(16/06/30)ブランフォード・マルサリスの曲が10曲目、ジョーイ・カルデラッツォの曲が12曲目で、あとはスタンダード、ジャズメン・オリジナル、ボッサその他。4曲目はスティングの曲、5曲目はソニー・ロリンズ作、7曲目はフレッド・ハーシュ作、8曲目はアントニオ・カルロス・ジョビン作と多彩。カート・エリングをヴォーカルで迎えたことで、サックスがやや多めに入るヴォーカル主体のアルバムになっています。サックスは歌伴で朗々と吹くこともあれば、ちょっとひねくれたフレーズで吹くこともありますが、いつものブランフォードとそんなに違わない雰囲気。安定して曲により変化のあるヴォーカル・アルバムはあまり聴かないけれど、好きです。3曲目のピアノとサックスはかなり盛り上がるし、10曲目のフリー一歩手前の美しさも。

« 私的2016年上半期ベスト3 | トップページ | Exiles Gate/Gary Thomas »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

910さま、トラバをありがとうございました。

インスト部分、、とくにブランフォードは素晴らしかったですよね。
やっぱり、巧い人は何やってもすごい。
本当に歌っているような歌伴でもう一人ヴォーカルがいるようでした。

こちらからもトラバいたします。

こちらからもTBさせていただきます。
ブランフォードもエリングもコルトレーンが大好きなのに、あえてそっち系の曲をやっていないところに新鮮味を感じました。
これだけ素敵な演奏をされてしまっては文句のつけようがないです。

>Suzuckさん

TBどうもありがとうございます。

>巧い人は何やってもすごい。

確かにそう思います。それぞれの曲の料理の仕方がいいですよね。それでいてヴォーカルを引き立てているし。いいアルバムに出会えました。

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

そういえばコルトレーン的な曲がなかったですね。それでも演奏はいろいろなので、引き出しがかなり多い演奏なんだなあ、と思います。ヴォーカルアルバムはあまり聴かないんですが、これはいいと思いました。

ボーカルアルバムだったので、演奏面で不満が残ることを危惧しながらのこうにゅうだったんですが、
そんな心配が杞憂なほどに良い演奏をきかせてくれ、満足度は高かったです。
さすが、Branford Marsalisのレギュラーグループは素晴らしいと唸りました。


TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

>oza。さん

TBどうもありがとうございます。

ヴォーカルを邪魔しないけど、それでもけっこう前面に出ていたような。こういう演奏は良いですね。ヴォーカルが入っていても、けっこう好みの演奏になりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/63848312

この記事へのトラックバック一覧です: Upward Spiral/Branford Marsalis Quartet Special Guest Kurt Elling:

» Upward Spiral / Branford Marsalis Quartet feat. Kurt Elling [My Secret Room]
ブランフォード・マルサリス、マルサリス兄弟の長男。 自身のカルテットに円熟度が増 [続きを読む]

» Branford Marsalis Quartet with Special Guest Kurt Elling / Upward Spiral [Jazz & Drummer]
Branford Marsalis (Ts, Ss)Joey Calderazzo (P)Eric Revis (B)Justin Faulkner (Ds)Kurt Elling (Vo)Rec. December 16-19, 2015, at the Elis Marsalis Center for Music in New Orleans, LA(Marsalis Music 8985306882)ドラムスがジェフ・ワッツからジ ... [続きを読む]

» Upward Spiral Branford Marsalis / Kurt Elling [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
Branford Marsalisの新作は、レギュラーグループにボーカルのKurt Ellingを迎えたもの。 前作が、 至上の愛 を再現したライブ盤だったので、John Coltraneの足跡をたどるようなアルバムを作りたいというシリーズと推測すると、   A Love Supreme (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63205860.html) 本作は、Johnny Hartmanとのアルバムを模したアルバムという位置づけになりそうです。   w..... [続きを読む]

« 私的2016年上半期ベスト3 | トップページ | Exiles Gate/Gary Thomas »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト