私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« マイ・ルーム Side1-2/ウィリアムス浩子 | トップページ | 富士通スペシャル 100ゴールド・フィンガーズ ピアノ・プレイハウス’90 »

2016/05/23

Jumpworld/Cassandra Wilson

033cassa
Jumpworld/Cassandra Wilson(Vo)(JMT) - Recorded August 1989. Rod Williams(P), Kevin Bruce Harris(B), Mark Johnson(Ds), David Gilmore(G), Special Guests: Steve Coleman(As), Robin Eubanks(Tb), Graham Haynes(Tp), Greg Osby(As), Lonnie Plaxico(B), Gary Thomas(Ts), Kirth Atkins(Ds Program), James Moore(Rap) - 1. Woman On the Edge 2. Domination Switch 3. Phase Jump 4. Lies 5. Grand System Masters 6. Jump World 7. Love Phases Dimentions 8. Whirlwind Soldier 9. Warm Spot 10. Rock This Calling (Winter&Winter JMT Edition だと 033)

再びM-BASEの世界の真っ只中に戻ってきたような、しかも豪華なゲストの作品。ファンク色も強くなってきています。 合作が多いですが全曲彼女も関わっています。1曲目から変拍子の彼女の曲でその世界に引き込まれます。4拍子ながらもM-BASE的な2、5曲目、短いファンクの3曲目、変拍子だけれどメロディアスな4曲目、グレアム・ヘインズ作のファンクの5曲目、ラップとドラムン・ベースが入ったサウンドの6曲目、個性的なポップスの曲の7、8曲目、ノリの良い変拍子の共作曲で、間奏もカッコ良い9曲目、エキゾチックな10曲目。11曲目は渋めのM-BASE風の曲。スティーヴ・コールマンは2、6-7、11曲目に、ロビン・ユーバンクスは1-2、5曲目に、グレッグ・オズビーとゲイリー・トーマスは1、5曲目に参加。

« マイ・ルーム Side1-2/ウィリアムス浩子 | トップページ | 富士通スペシャル 100ゴールド・フィンガーズ ピアノ・プレイハウス’90 »

JMTレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/63666058

この記事へのトラックバック一覧です: Jumpworld/Cassandra Wilson:

« マイ・ルーム Side1-2/ウィリアムス浩子 | トップページ | 富士通スペシャル 100ゴールド・フィンガーズ ピアノ・プレイハウス’90 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト