私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Cipher Syntax/Strata Institute | トップページ | ホームページのリンク集について考える »

2016/05/10

Cold Sweat Plays J.B./Craig Harris

025cold
Cold Sweat Plays J.B./Craig Harris(Tb, Vo)(Bamboo) - Recorded November 1988. Eddie E.J. Allen(Tp), Booker T. Williams(Ts), Kenny Rogers(As, Ss), Clyde Criner(Key), Fred Wells(G), Brandon Ross(G), Alonzo Gardner(B), Kweyao Agyapon(Per), Damon Mendes(Ds), Kenyatte Abdul-Rahman(Per), Arther Blythe(As), Olu Dara(Cor), David Murray(Ts), Sekou Sundiata(Vo) - 1. Brown's Prance 2. Give It Up Or Turnit A Loose 3. It's A Man's World 4. I Got The Feelin' 5. Brown's Dance 6. Showtime Medley: a) Gonna Funky Good Times b) I Got The Feelin' c) I Can't Stand It d) Licking Stick e) There Was A Time 7. Please, Please, Please 8. Try Me 9. Cold Sweat (Winter&Winter JMT Edition だと 025)

ジェームス・ブラウンの曲を集めたアルバム。そしてオリジナルが少々。と言ってもバンブー・レーベルなので、ただものではないかも。ゲストにアーサー・ブライスやデヴィッド・マレイの名もあるとおり、ソロは比較的アグレッシヴな部分も。リズムは往年のR&B/ソウル・ミュージックという感じで一種独特な感じ。2曲目のようにラップのようなヴォーカルも入っている曲も。3曲目のようなバラードも、それはそれで味わいがあります。ホーンがハジケているオリジナルの5曲目、ファンキーなメドレーの6曲目、これまたゴキゲンな7曲目、さりげないバラードの8曲目。9曲目はアグレッシヴ・ポップとも言うべきタイトル曲。ポップな部分も多いのですが、元になったジェームス・ブラウンを知らないのが少々残念かも。

« Cipher Syntax/Strata Institute | トップページ | ホームページのリンク集について考える »

JMTレーベル」カテゴリの記事

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/63584995

この記事へのトラックバック一覧です: Cold Sweat Plays J.B./Craig Harris:

« Cipher Syntax/Strata Institute | トップページ | ホームページのリンク集について考える »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト