私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Shelter/Craig Harris And Tailgaters Tales | トップページ | World Expansion/Steve Coleman And Five Elements »

2016/04/12

Jungle Cowboy/Jean-Paul Bourelly

009jean
Jungle Cowboy/Jean-Paul Bourelly(G, Vo)(JMT) - Recorded December 1986. Freddie Cash(B), Kevin "K-Dog" Johnson(Ds), Julius A Hemphill(As), Kelvyn Bell(G), Carl Bourelly(Synth), Greg Carmouche(Per), Alyson Williams(Cho), Andrew Cyrille(Ds) - 1. Love Line 2. Tryin' To Get Over 3. Drifter 4. hope You Find Your Way 5. Jungle Cowboy 6. No Time To Share 7. Can't Get Enough 8. Parade 9. Mother Earth 10. Groove With Me (Winter&Winter JMT Edition だと 009)

アルバムの帯にはジャンルは「ブルース/ロック」と書いてありましたが、全くその通り。ジャズのかけらもありません。ただし、しっかりJMTしていますが。ジャン・ポール・ブレリーの様々な要素の入り混じったギターはある意味では圧巻。半分ぐらいの曲には彼のヴォーカルも入っています。1曲目はファンクっぽい展開。ノリの良いロックの2曲目、何となくレゲエ?の味もある3曲目、ブルースっぽい展開の4曲目、タイトル曲で3連譜系の渋めのロックの5曲目、豪快なロックの6曲目、ギターソロが気持ちよい7曲目、8分の6拍子でゆったりした8曲目、ブルースでなかなか渋い9曲目。10曲目はR&B系か。 とにかく体力勝負で体で聴いた方がいいのかも。ちょっとこのジャンルのアルバムはコメントが弱い..。

« Shelter/Craig Harris And Tailgaters Tales | トップページ | World Expansion/Steve Coleman And Five Elements »

JMTレーベル」カテゴリの記事

ロック・ポップス」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

夜分遅くに失礼します。

ジャン・ポール・ブレリーとは懐かしいですね。デビュー当時はジミヘンの再来的な扱いで出てきたこともあってか、JMTレーベルという意識はまったくありませんでした。ジミヘンのカヴァーアルバムをリリースしたり、ドイツのジャズロックバンドMatalexとコラボしていましたが、最近の消息まではフォローできていません。ミュージシャンとしての方向性として、ちょっと曖昧だったからなのも影響したのかもしれないですね。

>奇天烈音楽士さん

コメントどうもありがとうございます。

確か、これはJMTのコンプリートを目指すときに後追いで買ったアルバムです。いろんな要素の入ったロックもJMTでは扱うのね、と思いましたし、このレーベルならやるだろうな、とも。ただ、このアルバムで出会って良かったかもしれません。このあたりで音楽をもう少し広くとらえられたと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/63437999

この記事へのトラックバック一覧です: Jungle Cowboy/Jean-Paul Bourelly:

« Shelter/Craig Harris And Tailgaters Tales | トップページ | World Expansion/Steve Coleman And Five Elements »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト