私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Alba/Markus Stockhausen/Florian Weber | トップページ | Black Pastels/Hank Roberts »

2016/04/29

Flam! Blam!/David Fiuczynski

Davidflam
また手持ちのアルバムのラストになりました。これも比較的早く着いていたのですが、順番的に最後になってしまいました。というのも、デヴィッド・フュージンスキーが現代音楽のメシアンへのオマージュということで、どんなになっているか、むしろコワいもの見たさでのCD聴きになるだろうなあ、と思いつつ、聴いたらその通りになってしまいました(笑)。彼のフレットレスギターを含め、自由な音楽への挑戦は、他の追随を許さないものがありますが、それだけ個性的で、かなり聴く人を選ぶだろうなあ、と思います。これはロックやファンクか、現代音楽なのか? 話題が尽きない可能性はありますね。


Flam! Blam!/David Fiuczynski(G, Prg, Sonic-P, Per, Production)(RareNoiseRecords)(輸入盤) - Released 2016. Helen Sherrah-Davies(Vln on 1-7), Yazhi Guo(Oboe, Chinesse Per on 1-7, 9), Utar Artun(Key 1-3, 5-8, 10), Jake Sherman(Key 1-3, 5-7, 10), Justin Schronstein(B, Efx except 4, 9), Alex 'BisQuiT' Bailey(Ds, Per except 9), Special Guest: Rudresh Mahanthappa(As on 8-10) - 1. Loon-Y Tunes 2. Dance Of The UiraPuru 3. Flam 4. Q&A Solitaire 5. Oiseaux JDillique 6. Gagaku Chord Candy 7. Waladstimmen 8. Uira Happy Jam 9. Organ Wren 10. Loon-Ly Solitaire

(16/04/26)全曲デヴィッド・フュージンスキーの曲。1-7曲目の「Flam!」がJディラとオリヴィエ・メシアンへのオマージュで、8-10曲目の「Blam!」がそれに加えてゲストでRudresh Mahanthappaを招いた、という構図のようです。現代音楽と言っても、日本(雅楽に聴こえる部分も)やアジア(インド?)の音楽とか鳥のさえずりなどを合わせたような雰囲気と、JDなのかな?そのポップ(?)なビート感の掛け合わせたサウンドが面白い。タイトルの下に「Pan-Asian Micro Jam」と書いてあるので、アジアに方向性が向いているのは確かです。と言ってもマニアックな面白さなので、かなり聴く人を選ぶかもしれないです。時にフレットレスギターも出てきますし、やはり変態度の高い音楽をやっているなあ、という印象。不思議なサウンドです。

« Alba/Markus Stockhausen/Florian Weber | トップページ | Black Pastels/Hank Roberts »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメント&TBありがとうございました。

フュージンスキーを追いかけてきた私としては、ついに行き着くところまで来てしまったという印象を受けました。誰も彼についてこないというか、ついていくと大変なことになりそうですね。音楽的には中東付近に居たなと思っていたら、雅楽まで手を出して一挙に日本上陸ですからね(笑)。聴く人間を選ぶというか、いったい誰が聴くのかという域にまで達してしまいました。

次作が注目ですが、今度はハワイあたりに居るかもしれません。

TBお送りします。

>奇天烈音楽士さん

TBどうもありがとうございます。

ここまで聴く人を選ぶアルバムって、最近ではなかなか聴いたことがなかったです。アジア経由で日本まで到達して、しかも雰囲気が出ているサウンド。これとファンクっぽいノリを合わせるのは彼にしかできないような気がします。私も実は彼の追っかけもやってますが、次を聴くのがコワいです(笑)。

個人的感覚では、この盤のとっつきは相当悪いと思います(笑)
が、数回聴いて聴き馴染んでくると、不思議な面白さを感じてくるのも事実のような感じです。

とはいえ、そこに行きつくまでしっかり聴こうって思う人がどれだけいるかってことなんですが(笑)、
幸い?にも文章を書いていると、文章を書くためにそこまでしっかり聴くことになり、
それは良いことだと思っているのですが。。。 "が"で文章が止まるのが(悩)

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

>oza。さん

TBどうもありがとうございます。

変態ギタリストが、内容まで変態になっている、という感じで聴いてましたけど、私も、はっきり言って、ここまでくると、ムムム、な部分もあります。ただ、前人未到の境地でもあるということで、それなりには面白い部分もありましたが。私も、「が」で文章がなぜか止まります(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/63540408

この記事へのトラックバック一覧です: Flam! Blam!/David Fiuczynski:

» David Fiuczynski / Flam! Blam! Pan-Asian Micro-Jam!(2016年) [奇天烈音楽館 Strange Kind of Music]
Musician●David Fiuczynski(fletless guitars)Title●Flam! Blam! Pan-Asian Micro-Jam!(2016年)■HMVより購入フレットレスギターの怪人David Fiuczynskiの新譜が出たので早速入手しました [続きを読む]

» David Fiuczynski Flam Blam! Pan Asian Microjam! [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
自blogで、David Fiuczynskiを検索すると下記2枚しか出てきませんが、   Boston T Party (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/48231820.html)   Lunar Crush (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/41246536.html) そもそもは jazz punk (http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=672416)と言うア..... [続きを読む]

« Alba/Markus Stockhausen/Florian Weber | トップページ | Black Pastels/Hank Roberts »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト