私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Spark/上原ひろみ | トップページ | Break Of Day/Karin Krog & Steve Kuhn »

2016/02/05

When You Wish Upon A Star/Bill Frisell

Billwhenyou
ビル・フリゼールの新作が出ました。今回は’60年代映画音楽集とのこと。ベースがトーマス・モーガン、ドラムスがルディ・ロイストンと、非常に豪華なメンバーだと思いますが、それでいて、肩の力の抜けたポップス(便宜上ジャズに区分していますが)を演奏している、という感じ。いやあ、この味わい、いいですねえ。都会的か田舎かというと、田舎の方を連想するようなサウンドでもありますけど、時に7曲目のように明るく元気な小品が混ざっていて、変化に富んでいます。ここまでくると、フリゼールでなければ出せない味が随所にあって、自分としてはうれしくなってしまいます。でもこっち方面が好きな人向けだろうな。


When You Wish Upon A Star/Bill Frisell(G)(Okeh)(輸入盤) - Released 2016. Petra Haden(Voice), Eyvind Jang(Viola), Thomas Mogan(B), Rudy Royston(Ds, Per) - 1. To Kill A Mockingbird, Pt.1 2. To Kill A Mockingbird, Pt.2 3. You Only Live Twice 4. Psycho, Pt.1 5. Psycho, Pt.2 6. The Shadow Of Your Smile 7. Bonanza 8. Once Upon A Time In The West(Thime) 9. (As A Judgement) 10. (Farewell To Cheyenne) 11. When You Wish Upon A Star 12. Tales From The Far Side 13. Moon River 14. The Godfather 15. The Bad And The Beautiful 16. Happy Trails

(16/02/05)ビル・フリゼール作は12曲目のみであとは’60年の映画音楽とのこと。ベース、ドラムスの編成がすごいですが、ジャズにはならず、あくまでもポップス的に演奏して、ヴィオラ、時にヴォーカルも加わり、フリゼールの懐かしい感じのギターで、アメリカの片田舎のような懐かしのサウンドで、なおかつ新しい感じも垣間見せる、そんな音楽です。アレンジもフリゼールで、プロデューサーはおなじみリー・タウンセンド。ヴォーカル曲になると、淡いジャズ・ヴォーカル的でも古いポップス的でもあり、ぺトラ・ヘイデンのキャラクターがうまくハマっています。これはアメリカでは比較的売れるだろうな、と思わせるアルバム。ただ、ジャズ色は極めて薄いので、フリゼールのファン向けの音楽家もしれないなあと聴いていて思います。

« Spark/上原ひろみ | トップページ | Break Of Day/Karin Krog & Steve Kuhn »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/63170241

この記事へのトラックバック一覧です: When You Wish Upon A Star/Bill Frisell:

« Spark/上原ひろみ | トップページ | Break Of Day/Karin Krog & Steve Kuhn »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト