私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« When You Wish Upon A Star/Bill Frisell | トップページ | At This Time.../Steve Kuhn Trio »

2016/02/07

Break Of Day/Karin Krog & Steve Kuhn

Karinbreak
カーリン・クローグが’14年に出したスティーヴ・キューンとの何枚目かのデュオのアルバム。国内盤でもMuzakから出ていて、そちらはジャケ違いなので、ダブり買いに注意。何てことのない、ジャズのヴォーカルとピアノのデュオなんだけど、やはりこの2人だと、特にピアノに華があるというか、聴いていて楽しくなります。しかも録音時は2人とも’70代の半ばだというのだから、驚きです。もっと若い人が録音したと言っても信じてしまうくらい。カーリンもホームページで特集を作っていましたけど、リーダー作ですら何枚も抜け落ちている状態なので、それはそのままになってしまうんじゃないかなあ、と思います。


Break Of Day/Karin Krog(Vo) & Steve Kuhn(P)(Meantime Records)(輸入盤) - Recorded October 30 and 31, 2013. Eric Alexander(Ts on 4, 10, 12), Lew Soloff(Tp on 2, 9, 13) - 1. I'm Old Fashioned 2. Break Of The Day In Molde 3. The Folks Who Live On The Hill 4. Scandia Skies 5. Ho Do You Keep The Music Playing 6. The Way You Look Tonight 7. Love Came On Stealthy Fingers 8. Thank You For Everything 9. You Do Something To Me 10. Little Butterfly (Pannonica) 11. Did I Remember 12. Trane 13. Time's Getting Taugher Than Tough 14. Everytime We Say Goodbye

(16/02/07)カーリン・クローグの作詞が2、4、12曲目で、これはインストルメンタルに歌詞をつけたものと思われます。他はスタンダードやジャズメン・オリジナル。ここではオーソドックスなジャズで攻めていて、1曲目などはスティーヴ・キューンの左手が4ビートを刻む場面もあり、デュオなんだけど賑やかに進んでいきます。しっとりしたバラードもあり、なかなか聴きごたえはあると思います。しっとりしつつも、ピアノは華麗な感じがして、やはりキューンだなと思います。これが70歳代のデュオかと思うほど若々しい感じ。曲によって、エリック・アレキサンダーのテナー・サックスかルー・ソロフのトランペットも加わり、変化に富んだ14曲を聴くことができます。なかなか味わいのある1枚。それにしても13曲目にサックスも聴こえる。

« When You Wish Upon A Star/Bill Frisell | トップページ | At This Time.../Steve Kuhn Trio »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/63176794

この記事へのトラックバック一覧です: Break Of Day/Karin Krog & Steve Kuhn:

« When You Wish Upon A Star/Bill Frisell | トップページ | At This Time.../Steve Kuhn Trio »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト